チャイナ人について

1月15日

チャイナ人は犯罪もビジネスもチームで行動します。

かなり戦略的で、合理的です。

すぐに結果を欲しがりません。

20年から50年という時間をかけて、物事を達成しようとします。すごいですね。

日本の大学には72名のチャイナ人教授がいるそうです。

早稲田大学はチャイナ人留学生を1,000名受け入れるとのこと。

チャイナ(中華人民共和国)は1949年に共産党政権により始まります。

チャイナ4000年の歴史は、TVが流行らせたタダのキャッチコピーで、実際は63年の歴史です。
全てが大袈裟ですので、皆さん注意しましょう。

ちなみに、「大袈裟」とは・・・
---------------------------------------
居合の切り方で最も派手な切り方が袈裟切り(左肩から右脇腹まで切る)で、それが転じて誇大で目立つ行為を指すようになった。

また、お坊さんが着ている袈裟が由来とも言われています。(インドでは質素だったのが、当時のチャイナに渡ったときに、僧侶の位が上に行くほど袈裟が派手になる。大袈裟と呼ばれ不必要な大きなものを着用し世間に誇示する事を大袈裟なことと皮肉ったのが始まりとか。)

《倉田宝郎一人新聞より》

---------------------------------------


チャイナ人について” への2件のコメント

  1. マスコミや左翼の印象操作には気をつけなければなりませんね。
    ある意味、日本も中国共産党を見習ってまとまり、長期的戦略的に対抗していくべきだと思います。

  2. >日本の大学には72名のチャイナ人教授がいるそうです。
    >早稲田大学はチャイナ人留学生を1,000名受け入れるとのこと。
    シナ人留学生にも困ったものですが、シナ人教授も困った存在です。
    彼らは教授の立場を利用し、学生の論文、研究レポートを盗み本国に送付しているとか・・・
     ※理系の論文が胸熱なようです
    悪事にまで合理性を求める要注意な存在がシナ人です。
    全員が全員ではないでしょうが、ろくでもない奴らです。
    注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。