伝統文化でつながる日本のこころ『万祭2018』

11月3日 文化の日

日本の伝統文化、歴史、技術を体験するイベント『万祭2018』を開催しました。
多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。

また、参加できなかった方、
枠が少なく申し訳ありません。

今回の万祭では、古典芸能(能、居合、書道)の鑑賞、神話劇の鑑賞
和菓子づくり体験、世界に誇る技術のミウラ折りの折り方体験、
平成30年史展示と多くありました。


私も、能の謡で「紅葉狩」、舞で「鶴亀」を披露させていただきました。
まだまだ未熟ですが、一生懸命に務めさせていただきました。

そして、古典芸能を披露いただいた先生方とともに神話劇の鑑賞をしました。
内容もとても勉強になり、一人ひとりの演技力、声の大きさと聞きやすや、
そして、役割を演じきる想い。黒帯A講師の方々を筆頭に素晴らしかったです。
とても感動しました!

裏方で、映像制作や音響・照明操作、台本作成に衣装作成をされた方々の
支えもあってこその感動なのではないでしょうか。

鑑賞した古典芸能の先生からも、多くの感動の声をいただき、
中には「もっと多くの人の前でやれるほど素晴らしい劇でした」とありました。

19時半からは、打ち上げしましたが、
とても多くの日本酒の差し入れがありました。
みんなで美味しくいただきました。ありがとうございます。
私も飲みすぎました。

みんなで作り上げた万祭。
打ち上げも本当に楽しかったです!


第11回しがく決起会

10月28日

第11回しがく決起会を開催。

記念すべき10回目となる昨年同様、約400人もの方々にご来場いただき、本当にありがとうございます。

お世話になっているしがくプレミア塾の先生方をお招きしました。

先生を囲んだ各テーブルは、それぞれが大変盛り上がっておりました。

各メンバーさんの決起スピーチ、そして先生方のスピーチ、
食事に手を付けるのを忘れるくらい感動的で思いの込もったお話ばかりでした。

これからも、共に学び、共にくにまもりをしていきましょう。

そして、お忙しい中ご来場いただきました皆様、
本当にありがとうございます。

来年の決起会では、更に成長した姿をお見せできるよう、
邁進して参ります。


第5期 井上安全保障塾 懇親会

7月21日

第5期 井上安全保障塾の懇親会に参加してきました。

映画『大河巡る』でおなじみの居酒屋さん、薩摩おごじょで開催。

メンバーさんが、先生からご著書にサインをもらっていました。大変うれしそうでした。

なんと、『大河巡る』の映画監督、柿崎ゆうじ監督もお越しになられました。

映画への想いや裏側のお話を聞いて、私も含めてメンバーさんもとても感動していましたね。

最後に鉛筆艦船画家、菅野泰紀先生の複製作品を井上先生にプレゼント。​いつもありがとうございます。

とても良い時間を過ごすことができました。


齋藤大臣を訪問

5月21日(月)

農林水産省に齋藤大臣を訪問いたしました。

しがくセミナーの感想文を持ち

しがく総研のメンバーさん3名にも来てもらいました。

 

短い時間の面会でしたが、しがく総研の3名は、しっかりとしがくセミナーの感想を伝えていて、大変頼もしい大学生でした。

 

しがくセミナーで失敗の本質を掴む話や、リーダー論、

控室で話題になったノルウェーの水産業や

私が訪問したことのあるイスラエルの農業の話など

濃密な時間を過ごさせていただきました。

お忙しい中、ありがとうございました。

 

 


第10回くにまもり演説大会

2月11日

くにまもり演説大会の開催を初めて10年。
エントリー者が1039名にものぼり、
ご来場いただいた方々も1000名を超えました。

100倍以上のなかから選ばれた8名が、
それぞれの「くにまもり」を熱弁してくださいました。

演説をしてくださった熱い思いを受けて、
公を想い「くにまもり」への一歩を踏み出していく方が、
更に増えていくことと感じています。

くにまもり演説大会HP:https://c-consul.co.jp/kunimamori/
演説動画:演説者動画(youtube)


「土光杯」坂田寛子さんが岡山賞、青木優介さんが優秀賞を受賞!

1月6日(土)

第34回土光杯全日本青年弁論大会  「人口減少社会と地方再生」

しがくメンバーの3名が登壇

坂田寛子さん、青木優介さん、下枝浩徳さんが登壇

神谷宗幣先生の龍馬プロジェクトの上原千可子さんも登壇されていました。

坂田寛子さんが新設された「岡山賞」を受賞

岡山放送にも出演されました!

青木優介さんは「フジテレビ杯」を受賞

第27回大会のニッポン放送に続き二度目の受賞です。

受賞者の論文はこちらからご覧いただけます。

 

第34回土光杯弁論大会 受賞者5名 論文全文紹介

 

また、前大会より開催されているエキシビション

ディベートマッチにはしがく・NEXUSのメンバーさん6名が登壇。

ディベートテーマは『日本は移民を受け入れるべきか否か』

懇親会も盛り上がりました。

主催者の皆様、登壇者の皆様、新年からエネルギーをいただきました。

ありがとうございました!

 

 


第10回しがく決起会

10月29日

しがく決起会が10周年を迎え、例年の二倍、400人もの方々にご来場いただき、本当にありがとうございます。

会の中では、若者のためにと、毎年のように足を運んでくださった故中條高德先生の最後のスピーチの映像が流れ、志を引き継いだ仲間が多くなったのを実感しました。

これからデンマークの先端研究所にいく藤谷拓嗣さんからのスピーチでは博士課程で大学院に通いながらも学びに来ていた凄みを感じました。そして、素晴らしい仲間に囲まれて歩んできたのだなと、藤谷さんの支えとなった仲間の素晴らしさを感じました。

ベテランメンバーから若手メンバーも登壇し、縦のつながりも強くなってきているのだと思います。

各プレミア塾の塾生からは、10周年記念ということで、沢山のお花もいただき、会場がとても華やかになりました。その心意気に感動いたしました。本当に、ありがとうございます。


私自身も、先生方から本当に沢山のきっかけや学びをいただき、積み上げてきた10年なのだと実感しています。
これからも、共に学び、共にくにまもりをしていきましょう。


第7回社内木鶏全国大会

5月13日

今回は東京で開催ということで
東京都経営者木鶏会の会長として
今までにない緊張感をもって、当日を迎えました。

一年程、今大会が成功で終わるように
東京都経営者木鶏会の役員である
田中無線電機株式会社の小池社長、
アカオアルミ株式会社の赤尾社長。
そして株式会社致知出版社の方々とともに
準備を進めて参りました。

当日は18名の社員で誘導や受付のお手伝いを
させていただきました。

お陰様で盛会に終わることができました。

感動大賞は
中国地区代表 有限会社桂馬商店 でした。

しかし、他の4つの企業も社内木鶏で
会社がいかに変わったかというエピソードがすばらしく
感動大賞は接戦だったと聞いております。

・関東地区代表 田中無線電機株式会社
・甲信越地区代表 マルソー株式会社
・関西地区代表 株式会社イズミ
・四国地区代表 株式会社タケダ

それぞれの社長と話をしましたが
社員、お客様想いの気持ちの良い方ばかりです。

私も閉会の挨拶や万歳三唱を仰せつかり
本日、全国大会に参加した1300名の方の発展を
心から祈願して、話をさせていただきました。

社内木鶏会のおかげで弊社の社員も
人間力を少しずつ高めております。

会社の人間関係にお悩みの経営者の皆様に
心からおススメです。


皇居勤労奉仕 第15回志学奉仕団

5月9日~12日

今回で15回目となる皇居勤労奉仕。
社員、メンバーさんに半井さんと椿さんを含め26名でご奉仕して参りました。

天候や温度の変化が激しい4日間でしたが
怪我や病気になる団員もおらず
無事にご奉仕をすることができました。

2016年は8000名の方がご奉仕されたとのことです。

年々、奉仕団が増えており
また、若者も増えておりますので、大変うれしく思います。

いつもながら天皇皇后両陛下、皇太子殿下、皇太子妃殿下に
見守られていることに感謝の想いでいっぱいになる
皇居勤労奉仕でした。


第85回 室舘塾(10周年)

5月15日

こんにちは。
しがく事業部の長谷川亜紀子です。
この度、開催された室舘塾をレポート致します。

実は今回で室舘塾開講から丸10年!
1回目は平成18年5月にスタートし、途中、平成22年に塾の運営形式を変更してから85回を数えました。
丸10年を記念して、今回は靖国神社の参集殿をお借りしての開催となりました。

昇殿参拝をし、気持ちを新たにしてスタート。
靖国神社で唱和する君が代は、いつもに増して感慨深いものがありました。


まず、1回目に参加していた塾生からスピーチ。
大向さん「発足当初は、まだ何もないところから、塾生も会を作っていくのだという思いでやってきました」
山下さん「当時は22歳だった。英霊に見守られてこの日を迎えられて嬉しく思う」
平井さん「今でもスタートした日の感動を覚えている。説明会でしかお会い出来なかった代表から、間近で学べることに感謝してきました」

代表からは積み重ねることの大切さ。
そして、会が長く続けていけるのも、一緒に学んでいる人の後押しのお陰なんだという、お話をいただきました。

■努力にスランプはない
人はゴールが決まっていたら誰でも頑張れる。
「ここまでやれば結果を出せる」と分かっていれば頑張れる。
しかし、いつ成就するか分からないことに、努力を続けることが難しい。
10年努力を続けてきた第1期生は、本当に素晴らしい。
三人の姿、成果がすべてではない。その裏には積み重ね続けた努力がある。

■後押しすることの大切さ
どんな人も後押ししてくれる存在に支えられて頑張れる。
私だって、塾生が居てくれるからこそ頑張る力になっている。
誰を、何を、「後押しする」のか?
皆さんも考えてみてください。

■『人生を変えるシンプル思考』を使って
桜井章一氏の著書から勉強しました。

最近は、何事にも正解を求める傾向が強いが、世の中、正解はあって無いようなもの。

自分で決めたものにとらわれるのではなく変えていっていい。
自分がやりやすいように変化させていくことが大切。

これから日本を良くしていくためにも健体康心で頑張っていきましょう。


ーー
塾生の方々から、10周年記念のメッセージブックとお花をいただきました。


初詣「感謝の心、若者に靖國を伝える会」

1月3日

靖國神社への初詣が、毎年恒例となって19回を数えました。
本年は800名を超える若者が集まり、参拝となりました。

集合写真や昇殿参拝など、人数が多く、周りの方々にもご迷惑をお掛けしたかと思います。
写真を取ってくださっている塚本写真館さん、毎年ご配慮いただいている靖國神社の職員の方々に感謝しております。

そして何よりも、現在の日本を形作るに当たって散花された英霊の皆様に、次代を担う若者たちの元気な姿を、今年もお見せできたことを嬉しく思っております。

※今年は着物の人が多くなってきたので、特別に着物集合写真も撮影しました。


国護りの旅 伊勢の神宮

11月5,6日

毎年恒例、若者50人で伊勢の神宮を参拝しました。

初日は外宮、月夜見宮(外宮 別宮)、二日目には内宮と、
二日間ともお天気にも恵まれ、素晴らしい参拝をすることができました。

初日の夜、19時から始まった宴会は、一次会を終え、二次会に突入。
大部屋に集まっての二次会は、いわゆる膝を突き合わしての飲み会。
各々から人生相談など、様々な質問を受け、気づけば朝の3時でした。

さすがに、翌日は辛かったですが、中身の濃い話を沢山できて、大変有意義な時間でした。


皇居勤労奉仕 第14回志学奉仕団

5月17日〜20日

志学奉仕団として、14回目のご奉仕に行ってきました。

天皇皇后両陛下、皇太子殿下も大変お元気で、心よりありがたく、うれしかったです。

お掃除は4日間、皆さんで一生懸命やってきました。
綺麗になりました。

平成21年10月から皇居勤労奉仕に申込み、
人数が減っている現状を何とかしようと年二回参加してきた。

当時の目標。
それは、勤労奉仕が参加者であふれ、我々が入れなくなるという状態を作ることだった。

今年は参加希望者が多く、抽選で落ちるようになった。
悲しいが、うれしいです!!
第14回皇居勤労奉仕20160520


第6回 社内木鶏全国大会 IN大阪

5月14日

満員1600名参加
グランフロント大阪に約1600人が集まり、
5社の発表がありました。
発表
・アカオアルミ株式会社
・株式会社トラベルマスターズ
・中日本興業株式会社
・メットライフ生命保険株式会社大阪桜ノ宮
・株式会社てまひま堂 (感動大賞受賞)

各社、毎月感想文を発表する中で、美点凝視が生まれ社内の空気が変わり、業績が向上した。
商品力やサービス力の向上もさることながら、各社、人間力の向上によって他社との差別化を勝ち取り、お客さんの心をつかんだのです。
本当に、熱い話に感動でした。

詳しくは致知7月号を読んでください!
記念撮影