Tel : 03-5214-6380
-->

しがくセミナー(34)ジャーナリスト 笹幸恵

¥4,093 販売価格(税込) 注文番号 sh-007-034 dvd0034
在庫状態 在庫有り

ジャーナリスト 笹幸恵

「玉砕の島をめぐって~戦没者の慰霊と国家の行く末を考える~」

収録時間:100分

「無知は罪、無関心は恥」と言い切る笹氏。自らの足で戦地に赴き知った事実、現地の方々や元軍人の方々と交流をする中で感じたこととは。


ジャーナリスト 笹幸恵

ジャーナリスト 笹幸恵氏

1974年、神奈川県生まれ。大妻女子短期大学卒業。 日本実業出版社・研修出版で編集記者勤務の後、2001年にフリーに。 近年は日本の近現代史をテーマにした執筆活動を行っている。 太平洋戦争について教師から教えられた授業内容に疑問を持ち、かつての戦場を自らの目で確かめるため、2005年1月に旧日本軍将兵と共にガダルカナル島を訪問。以後、太平洋各地の戦場だった地域を多数訪問。 バターン死の行進について、フィリピンで行進のルートを4日間かけてたどり、「栄養失調気味の私ですら踏破できた」として、「日本軍による組織的残虐行為」との批判に疑問を呈する内容の寄稿を『文藝春秋』(2005年12月号)におこなった。 戦没者の遺骨収容にも取り組んでおり、2010年から始まった「戦史検定」の運営に携わっている。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sh-007-034