福島県 いわき市へ

5月10日
浮世絵を勉強しに、いわき市まで、おなじみ平井さんと行きました。

到着早々、Wさん(先生)、いきなり4時間の大熱演!!
出る出る、浮世絵の数々それに基づく幅広い知識。

この方の知識は世界でも3本の指に入ると思う。

浮世絵は、世間一般では北斎、歌麿、広重が有名。
美人画では、英山、英泉が有名か。

Wさんは、東北の浮世絵が大好き。
埋もれているが、歴史的な資料としてもこれは一級品だと思った。








Wさんの好きなところは、心から浮世絵に惚れているところだ。
嬉しそうに話す姿を見て、思わずこちらも心が躍りだす。

江戸人の話。
牛と共存し大切にしていました。決して食べたりはしなかったそうです。
牛も人間になついたとか。

思わず、女性を背に乗せた牛の浮世絵に見とれてしまいました。


牛が舌を出して笑っている。
何と、足にはわらじを履かされているではないか!!

荒い道を歩かせるときは、わらじを履かせていたなんて、
私はなんだか、あたたかい気持ちになりました。

浮世絵は約150年前の江戸時代のものが、たくさん残っています。
見ているだけで癒しであり、時代を飛び越えている爽快感を味わえます。



福島県 いわき市へ” への2件のコメント

  1. お疲れ様です。塚田です。
    色鮮やかな浮世絵の写真にじっくりblogに見入ってしました。
    世の中きれいな絵は沢山ありますが、浮世絵はそれプラス、なんだかあたたかい癒される気持ちを感じさせてくれます。不思議な気持ちです。
    江戸人の、牛を決して食べたりしていなかったというのは知りませんでした。
    共存を大切にしていた等、浮世絵ひとつから色々なものが見えてくるんですね。
    新しい発見をありがとうございました。

  2. 実物を今度お見せしますね。
    牛が舌を出して、本当に嬉しそうなんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。