第84回 室舘塾

4月9日

こんにちは。
しがく事業部の長谷川亜紀子です。
本日開催された室舘塾についてレポートいたします。

◆伝統文化を学ぶ 着物塾研修 in名古屋(有松鳴海絞りを訪ねて)
3月に着物塾のメンバーさんと、名古屋の有松鳴海絞を巡る研修に行ってきました。
「着物や文化を伝えていくにはどうしたらよいか」と外国人に聞かれたことがあります。
まずは自分がしっかり着る事、それを見ていいなと思ってもらう事。
着ている人がかっこいいと「私も着たい!」となる。
「自分がやりたい」と思うことが大切です。

◆塾生(しがくメンバーさん)が新聞に載りました!
①八重山日報・・・・大向さん
知覧館長ら慰霊祭参列 伊舍堂中佐 特攻72年、史実継承課題』が掲載

②世界日報・・・・平井さん
なぜ勉強しないといけないの?』が掲載

最期に、稀勢の里の逆転優勝の映像を観ました。
横綱の責任を背負い諦めずに戦う姿に、リーダーとして挑戦者として私たちが学ぶべき姿がありました。
一人一人が実力をつけ要職につけば日本はよくなります。
そのためにもまずは自分の健康を大切にし、日々自信を付けていきましょう!

 


しがく青年奉仕団【皇居勤労奉仕 1月組】

しがく青年奉仕団として1月、2月、3月と、各回60名、合計180名が、皇居勤労奉仕に参加予定です。
希望者は250名もいて、残念ながら人数の上限の関係で参加できない方も多数でしたが、学生さんの意識も高まっています。

事前勉強会を開いたこともあって、懇親会にご招待いただきました。
1月にご奉仕された60名、全員から感想を聞かせてもらいました。

これから日本を支えていく大学生に、よいきっかけを与えることができて本当に嬉しく思っています。
ご奉仕された大学生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

2月、3月組の方たちも、体調を万全に整えてご奉仕してきてください。


New Year’s Party2017

1月22日

1000名の若者が、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートに集まり、この度のNewYear’sPartyも大盛況でした。

MCとして、足立梨花さん、ホリさんが本当に素晴らしい司会で、会場を大いに盛り上げてくださいました。

エアバンド選手権に参加した方々も、かっこよくて全員に賞を上げたいと思うほど、レベルの高さを感じました。

お笑いライブでは、ウーマンラッシュアワーさん、トータルテンボスさんが登場。
ネタに社名まで出していただいて、会場中が大爆笑でした。
地上波で活躍する人のレベルの違いを感じました。

記念撮影では、中川パラダイスさんに無理やり「パ~ラダ~イス」をさせられましたが(笑)
お二組とも気さくで素晴らしい方々です!

中川翔子さんは、体調が芳しくなかったそうですが、それを感じさせないパワフルなライブにプロ魂を感じました。
アニソンはあまり聞かないジャンルですが、会場が一体となる大盛り上がりでした。
しょこたんファンも確実に増えただろうと感じます。

そして、ご協賛いただいた土屋輪業様、いかしあい隊様、進和テック様、
エコ・プラン様、ファミリー引越センター様、素敵なプレゼントをありがとうございます。
プレゼントに当選した参加者も、とても喜んでおりました。

ご来場の皆様から、感謝の言葉やご指摘もいただき、
来年も更に良いものにしていこうと思っております。
キャリアコンサルティング広報ブログも御覧ください。


平井基之くん:チャンネルくららデビュー!

正論2月号に登場した、東大を文理で合格したプロ家庭教師「平井基之」くん。
1月に入り、「チャンネルくらら」にもデビュー。おめでとうございます!
ブログも大変興味深い内容が多数掲載されております。
是非、応援ください!

黒帯A講師として、歴史に学ぶリーダーシップ講座「武田信玄」、「安田善次郎」の講演も行なっています。

『チャンネルくらら』:
戦略的東大合格法~受験勉強には意義がある:1月14日
竹内睦泰の日露関係史:1月17日
竹内睦泰の日露関係史:1月24日

『平井基之くんAmebaBlog』:
東大合格術


第33回土光杯全日本青年弁論大会 清水崇史さん最優秀賞

1月7日

フジサンケイグループ主催の第33回土光杯全日本青年弁論大会が開催されました。
多数のエントリーの中から、メンバーの清水麻未さん、清水崇史さんが出場しました。

清水麻未さんは、土光杯が始まって以来の振り袖での登壇。
トップバッターとして、会場を華やかにし、スピーチでも盛り上げてくださいました。

そして、清水崇史さん。流石は黒帯S講師。
伝統ある大会での最優秀賞「土光杯」。本当に素晴らしかったです。

他の発表者も、レベルが高く、私もメモをたくさんとってノートがいっぱいになりました。
こういった方々が、日本の未来を引っ張っていくのだと感じました。

ディベートマッチでも、「チーム九段」として、奥野義一さん、平井基之さん、八尋滋さんが素晴らしい発表。
競技ディベートをやっているレベルの高い大学生にも引けを取らない内容。そして、表彰されました。

キャリアコンサルティングの幹部や、メンバーさんも多数応援に駆けつけ、本当に感動していました。

土光杯結果
土光杯 清水崇史さん 全文
※1月27日付けの産経新聞にも詳しく掲載されています。


歴史に学ぶリーダーシップ講座合格!「伊藤博文」「北里柴三郎」+憲法講座

11月23日

◆「伊藤博文」:八尋滋講師

明治時代。伊藤博文がどれほどの意志で、初代内閣総理大臣として新しい日本の形を作ったのか。
大日本帝国憲法を作った想いなどがわかる素晴らしい、感動的な講座です。

◆「北里柴三郎」:丸山橘子講師

「終始一貫」というテーマで、当時世界から劣っていた日本の医学界を見事に牽引し、日本人の格を上げた北里柴三郎。
世界中でコレラ・ペストで苦しむ方たちを救う手助けとなった発見の数々や、北里の人生から古き良き日本人の素晴らしさが伝わります。

◆「60分で学ぶ憲法講座」:平井基之講師

平井基之さんの憲法講座も聞かせてもらいました。
さすが実力者。見事な内容でした。
中学生以上なら理解できる内容で、憲法に興味を持ち、憲法を考える講座として非常に面白い。
まだ修正しながら詰めていくと言っていましたが、すでに合格レベルです!

新たな講座が、3つ生まれた素晴らしい一日になりました。


ドキュメンタリー映画『ガイアのメッセージ』鑑賞

11月21日

ドキュメンタリー映画
ガイアのメッセージ
11月21日と23日の上映会で、多くの若者も映画を鑑賞してきました。

地球の温暖化の問題を含めた、地球の異変。
地球全体で考える上で、いま何が問題なのかがわかりました。

このまま化石燃料を燃やしてエネルギーを作り続ければ温暖化が止まらない。
世界は、この問題の解決のためにクリーンエネルギーとして、原発、再生可能エネルギーなどを求めています。

実際に原発を100%停止させたドイツがいまどんな問題に苦しんでいるのか、
エネルギーに関する問題提起がわかりやすく、まとまっていると感じました。
また、映像がとても綺麗だったのも印象的です。


キャリアコンサルティング茶道部

11月9日

いままで茶盆点てを勉強した社員の中から希望者10名で茶道部が開かれました。

11月ということでキャリアコンサルティングでも炉開きをしました。
まずは私から皆様にお茶を一服振る舞わせていただきました。
南谷さんに協力していただいて手配した和菓子も、大変好評でした。

茶道部といっても、硬いものではなく、19〜21時ぐらいまでの二時間、ゆったりとお茶を楽しむような、楽しい会です。
今後も月に一回のペースで活動予定です。


第1回キャリアカップ

10月19日

第1回キャリアカップ。メンバーさん7名を含む合計31名で開催。
本当に素晴らしい大会となりました。

ゴルフ場では、仕事中には見られない表情がたくさん見られることや、
ゴルフは年齢・性別を問わず、幅広く、長く続けられるスポーツということもあって、
第二回、三回と続けていきたいと思います。

賞品は、広島カープ最後の年のマエケンや巨人の坂本のサインボール&サイン色紙など、チャリティーオークションでかき集めた希少品を多数放出しました。

受賞者は本当に大喜び。その嬉しそうな表情を見ることができて、開催できてよかったと感じます。


第79回凜華塾 松本聖吾先生

10月12日


この度は、靖国神社の松本聖吾先生にご登壇いただきました。
靖国神社に祀られているご英霊146万6千余柱のうち、約56,000柱が女性ということで、女性のご英霊に関する話をしてくれました。

松本課長の言葉のなかで、
「テレビなどで、英霊に対して『かわいそう』という言葉を使われることがありますが、かわいそうと言わないでほしい。
当時の彼女・彼らは、まさに神の領域と言っても過言ではないほどに高い次元の想いで国を護ったのだから」
という言葉が印象に残りました。


第141回しがくセミナー 高森明勅先生

10月2日


高森先生は、過去、現在、未来の皇室の存続に関して、日本で最も教養があり、忖度されている一人だと思います。
8月8日の陛下のビデオメッセージ(玉音放送)から、お気持ちを汲み取り、素晴らしい提案をしてくれました。


高森先生からの
「ビデオメッセージは、陛下の最初で最後のお願いなのではないか」
という言葉にとても心を動かされました。

有識者会議でも、陛下や皇室のご意向をしっかりと受け止めて、
最善手で進めていただけることを願っています。

天皇「生前退位」の真実 (幻冬舎新書) 新書
–2016/11/30 高森 明勅 (著)


橙帯認定試験 in 大阪

9月28日

セミナーや講座などの雰囲気から、大阪の学生はパワフルなのだろうなと想像しながら、試験が始まりました。
審査員事前会議

それが、意外や意外。皆さんガチガチに緊張していました。
大阪での初の認定試験という独特の緊張感と、真剣さの表れ。
試験中
それは逆に、いまの東京の学生に足りない部分でもあると感じました。

15人全員が合格で、大変素晴らしかったです。
この中から、将来の大阪を、そして日本を引っ張っていくリーダーが現れることを望んでいます。

今回、黒帯二段の大阪在住のメンバーさんが、忙しい中、時間を空けて審査員をしてくれました。
心から感謝して申し上げます。
懇親会


第九回 しがく決起会

9月25日

今年も椿山荘にて開催。
メンバーさんも多くの方が着物でご参加くださいました。

矢野彈未来塾の10周年を記念して、矢野弾先生に僭越ながら感謝状をお渡しさせて頂きました。
キャリアコンサルティングと共に歩んでくださったことに、感謝の気持ちで一杯です。

そして、各塾を代表したメンバーさんのスピーチする姿や、
懇親時間に若者たちが、気後れせずにどんどん先生方と会話し交流する姿に頼もしく思いました。

今年は、決起の想いを和歌で披露させていただきました。
「くにまもり、力蓄え、強くなり
世の波風を 治むるくにへ」

キャリアコンサルティング:広報ブログ


社内木鶏説明会 in 東京

10月21日

本日は、致知出版社主催の社内木鶏説明会in東京でした。
新潟、青森、香川など全国から、150名が集合しました。
全国津々浦々

社内木鶏とは月刊誌『致知』を使った、感想共有の研修のことです。
毎月1回、1時間で終わりますが、その効果は大きく、全国で1,100社以上が取り入れています。

今年は、東京都経営者木鶏会の会長を任せていただいております。

弊社からは私と5人の社員が参加し、
参加した社員が受付や誘導のお手伝いを頑張ってくれました。

社内木鶏会体験会では、
四人一組のチームを、35チームほど作り感想を共有。

各チームから感想文が良かった方を一名ずつ選び、選出された35名のうち、じゃんけんで勝ち残った4名が代表者として発表しました。

さらに、各チームの班長になった人の中から、じゃんけんで4名を選び、感想を発表していただきました。

じゃんけんで勝ち残った代表のなかに、弊社から2名の社員が登壇して発表することができました。
ふたりとも素晴らしい発表でした。

そして、八天堂さん、ミールケアさん、アカオアルミさんが、それぞれ社員代表と社長の発表。思わず涙してしまいそうなくらい感動のスピーチでした。

最後に、私も少しだけスピーチの機会をいただきました。
社内木鶏の素晴らしいのは「美点凝視」をすること。
美点凝視のためには相手の話を集中してよく聞く「傾聴」が大切。
良い話ができる人は多くいると思うが、本当に説得力のある話が出来る人は限られている。20代でどんな生き方をしたのか。一所懸命に取り組んだ人は、言葉にできない説得力が身につきます」
という旨の話をしました。

来年2017年5月に行われる、社内木鶏全国大会 東京大会に向けて、頑張っていきます。