品川倫理法人会主催「モーニングセミナー」

8月17日

社長室広報課の田岡です。
品川倫理法人会主催のモーニングセミナーの講演をレポートいたします。

倫理法人会は「社会の発展に寄与して日本を良くしていこう」という想いを持っている経営者の方々の集まりです。
この度は、総勢35名の方々が参加されていました。

会の冒頭は品川倫理法人会 西村会長のお話。
「挑戦」というキーワードのお話です。

続いて室舘代表からは、
・人は他人から影響を受けて成長していく
・全否定すること、決めつけてしまうことの怖さ
・話を聞く受け手側が印象を決めてしまう
・「と」「の」「が」の話
・「息子」「夫」「父親」「上司」など、自分の役割が増えると「背負う」ことにつながる
・くにまもり演説大会の話
などです。

ーー
早朝にも関わらずとても盛り上がり、
志ある方々と朝から有意義な時間を過ごすことができたことは、大変刺激となりました。

9月11日には、湯島倫理法人会でも、室舘代表が講演の機会をいただきました。
<開催時間> 7:00 ~ 8:00
<会場>   湯島天満宮「梅香殿」 文京区湯島3-30-1


第80回室舘塾ユース

7月2日

こんにちは。
ネクサス事業部の尾形有衣子です。
本日行われた室舘塾ユースの内容についてお伝え致します。

●共産主義(共産党)について
共産主義とは共同財産主義のこと。
国家という枠組み、歴史、文化を壊そうとしてきたと言われている。

1929年に始まった世界大恐慌の時に1ヶ国だけ打撃を受けなかったソ連に注目が集まり、共産主義が急進していった。
特にアメリカでは、世界大恐慌でGDPが半分になり、失業率は25%にも達した。
フーバー大統領の政策も上手くいかず、そこにつけこんでアメリカ共産党が勢力を伸ばしていった。

●なぜトランプがアメリカ大統領になったのか
いわゆる保守派が共和党で、リベラルが民主党。アメリカのマスコミ(CNN、ワシントンポスト、ニューヨークタイムスなど)も左派寄りで、民主党支持派が多数を占める。
メディアが味方についていたから、オバマ大統領が誕生したときに、あれだけすごい盛り上がりになった。
しかし、その政策に危機感を感じた不動産王のトランプ氏が政治番組を作ったり、様々な場所で講演会を開いたりして、このままの政治ではダメだと訴える草の根運動を始めていた。トランプはアメリカの良き伝統、言葉、文化を守ろうと、7年も前から地道に活動してきていた。

◆「どうやったらみんなが幸せになるのだろう」
と2400年前の哲人ソクラテス、プラトンたちも考えていた命題。
自分たちのことだけを考えていては、世の中は良くならない。
どうやったら頑張っている人が報われる社会になるだろうと考えていた。

◆室舘代表への質問時間
Q.決断について
トップとして、リーダーとして正しい決断をするために、頭が冴えている状態を維持することが大切。
そのためには健康が一番重要である。睡眠、運動・ストレッチ、そして食事で体をケアする。
特に、食べ物に関しては、甘いものを食べ続けると体がだるくなるので注意。
そして何よりも、ストレスを溜めないように、良い心持ちで過ごすこと。

Q.勉強や努力について
まずは楽しいこと、興味の湧いたことからやっていく。
楽しくないことを無理やりやっても嫌になってしまう。
面白がって取り組めるものから進めていく。

◆緑帯以上の人たちへ向けての話
社会は、学歴でなく、実力に対してフェアです。
世界から見れば、日本にいることだけでチャンスなんです。
それを社会のせいだとか、日本のせいだとか言っている場合じゃない。
実力をつけて、輝く存在になっていって欲しい。

以上、尾形がレポートいたしました。
これからもリーダーとしての学びを深めていきましょう。


『応援される人になりなさい』(WAC)

この度、
応援される人になりなさい~アウェーがホームになる人間力~』(WAC出版)

を上梓することとなりました。

若手社会人にぴったりの内容ですが
若者を育成する先輩や上司の方々にも役に立つ本になりました。

私自身、実感しているのが、この本を上梓するまでに
本当に多くの方々から多大な応援をいただいてきました。
18歳で上京してきた自分では想像もできなかったような、現在があるということです。

この本を読んでいただいた方々の将来が、
想像以上にワクワクするものとなりますようにと願いを込めて。


「きもの さわらび」野倉幸男先生お誕生会

5月25日

着物や茶道でお世話になっている、野倉先生。

野倉先生が「いつか行ってみたい」と仰っていた、国際文化交流舞踊団の「曼殊沙華」さんにご協力いただいて、石舞台を披露していただきました。
お誕生日ということで、お祝いの気持ちが山盛りの手作りお料理。

特に、ちらし寿司は、「お多福」「打ち出の小槌」「赤富士」と縁起物!

石舞台では、かがり火、竹琴、そして舞。
本当に荘厳でした。

曼殊沙華さんのお心遣いに、野倉先生を始め、ご相伴させていただいた私たちも、本当に幸せな気持ちいっぱいに帰路に着きました。

野倉先生、おめでとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


キャリアコンサルティングフォーラム2017

5月21日

◆小さなヒーロー大賞:坂本さん
公務員として忙しい日々を過ごしながらも、しがくで学び、
そして、世界ランキング4位のパリ政治学院(Sciences-Po)に入学。
フランスでの学びを日本に活かそうという公精神が素晴らしい方です。

◆キャリアコンサルティング野球部
元気な野球部の若者達が多く登壇。
今期は開幕から4連勝!
いざ西武ドームへ!

部活動では、バスケ部も4連勝!
ゴルフ部もキャリアカップに向けて邁進中です!

◆着物塾生たちの修了発表会
例年楽しみにされている方も多い、着物塾生たちによる着物ショー。
今年も本当にクオリティ高く、素晴らしいステージでした。

◆A講師による「歴史に学ぶリーダーシップ講座」紹介
「日本一の講座に!」を基準に、日頃から話し方、講座内容を磨いているA講師たち。
仕事でも活躍し、シカゴやオーストラリアに行くメンバー達も出てきました。
これからも、「カッコいい大人」として、手本となり、後輩たちを導いていってください。

◆メンバー代表スピーチ「平井基之さん」
ブログ、インターネットテレビ、芸人とコラボした数学講座など、いま多彩に活動している平井さん。
10年前には、今の自分が想像できなかったという。
「このままでは日本は危ないのではないか」
その気づきを得て、コツコツと積み上げてきた努力の結果だと感じます。
退路を断ち、戦っている人間の言葉は素晴らしかった。
平井さんの想いをより広げていきたいです。
ブログの応援もよろしくお願いします。

※平井基之さんブログ

◆しがく総合研究所:研究報告会
「100年後の世界と日本を予想する」をテーマに研究しています。
2年目を迎え、昨年一年の研究成果の発表をしていただきました。
発表テーマは、人が生きていくために欠かせない「水」。
とても分かりやすく、気づきが多かったのではないでしょうか。

そして、今年はしがくプレミア塾でもお世話になっている、
矢野彈未来塾の矢野彈先生、高森稽古照今塾の高森明勅先生、倉山世界史塾の倉山満先生にもご覧頂いて、
先生方から、登壇したメンバーさんたちの素晴らしさをお褒めいただき、私も大変誇らしく思いました。

登壇した皆さん、発表にむけて多くの時間を練習に当てられたことでしょう。
本当にご苦労様です。

そして、運営や様々な手配など、裏側で頑張ったメンバーや社員達。
大変、お疲れ様でした。
来年も、さらに素晴らしいものを届けられるように日々研鑽していきましょう。

<キャリアコンサルティング広報ブログ女子社員ブログ


幹部候補生研修 in 熱海

5月17、18日

キャリアコンサルティングの幹部候補生として選抜された社員と、
勉強会を一年間おこなってきました。

集大成として、熱海にて一泊二日の合宿。
意見交換や10年先の会社のことを話し合い、
お酒を交えながら、深く語り合うことができました。

大変有意義な時間となりました。


皇居勤労奉仕 第15回志学奉仕団

5月9日~12日

今回で15回目となる皇居勤労奉仕。
社員、メンバーさんに半井さんと椿さんを含め26名でご奉仕して参りました。

天候や温度の変化が激しい4日間でしたが
怪我や病気になる団員もおらず
無事にご奉仕をすることができました。

2016年は8000名の方がご奉仕されたとのことです。

年々、奉仕団が増えており
また、若者も増えておりますので、大変うれしく思います。

いつもながら天皇皇后両陛下、皇太子殿下、皇太子妃殿下に
見守られていることに感謝の想いでいっぱいになる
皇居勤労奉仕でした。


NHKスペシャル「高森明勅先生 出演」

昨日4/29放送のNHKスペシャル

私たちと「象徴天皇」
~政府の有識者会議「最終報告」を受けて~

しがくプレミア塾講師の高森明勅先生が出演。

高森先生はこれまで蓄積してきた皇室の知識に裏付けされた
一言一言に説得力があり、かつスマートでした。

夜遅かったのですが、思わず「感動しました」と高森先生にメールを送りました。

きちんと相手の意見を受け入れながら
話を進める姿勢は討論の見本です。

皇室については長年、高森先生から教えていただいております。
5月に15回目となる皇居勤労奉仕に行きますが
高森先生から教えていただいたものです。

現在はご譲位のことで皇室の話題をテレビ・新聞でもよく拝見します。
高森先生のご著書を読んでいただけると、理解が深まりますのでお勧めです。

高森明勅著『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)

 


第84回 室舘塾

4月9日

こんにちは。
しがく事業部の長谷川亜紀子です。
本日開催された室舘塾についてレポートいたします。

◆伝統文化を学ぶ 着物塾研修 in名古屋(有松鳴海絞りを訪ねて)
3月に着物塾のメンバーさんと、名古屋の有松鳴海絞を巡る研修に行ってきました。
「着物や文化を伝えていくにはどうしたらよいか」と外国人に聞かれたことがあります。
まずは自分がしっかり着る事、それを見ていいなと思ってもらう事。
着ている人がかっこいいと「私も着たい!」となる。
「自分がやりたい」と思うことが大切です。

◆塾生(しがくメンバーさん)が新聞に載りました!
①八重山日報・・・・大向さん
知覧館長ら慰霊祭参列 伊舍堂中佐 特攻72年、史実継承課題』が掲載

②世界日報・・・・平井さん
なぜ勉強しないといけないの?』が掲載

最期に、稀勢の里の逆転優勝の映像を観ました。
横綱の責任を背負い諦めずに戦う姿に、リーダーとして挑戦者として私たちが学ぶべき姿がありました。
一人一人が実力をつけ要職につけば日本はよくなります。
そのためにもまずは自分の健康を大切にし、日々自信を付けていきましょう!

 


しがく青年奉仕団【皇居勤労奉仕 1月組】

しがく青年奉仕団として1月、2月、3月と、各回60名、合計180名が、皇居勤労奉仕に参加予定です。
希望者は250名もいて、残念ながら人数の上限の関係で参加できない方も多数でしたが、学生さんの意識も高まっています。

事前勉強会を開いたこともあって、懇親会にご招待いただきました。
1月にご奉仕された60名、全員から感想を聞かせてもらいました。

これから日本を支えていく大学生に、よいきっかけを与えることができて本当に嬉しく思っています。
ご奉仕された大学生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

2月、3月組の方たちも、体調を万全に整えてご奉仕してきてください。


New Year’s Party2017

1月22日

1000名の若者が、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートに集まり、この度のNewYear’sPartyも大盛況でした。

MCとして、足立梨花さん、ホリさんが本当に素晴らしい司会で、会場を大いに盛り上げてくださいました。

エアバンド選手権に参加した方々も、かっこよくて全員に賞を上げたいと思うほど、レベルの高さを感じました。

お笑いライブでは、ウーマンラッシュアワーさん、トータルテンボスさんが登場。
ネタに社名まで出していただいて、会場中が大爆笑でした。
地上波で活躍する人のレベルの違いを感じました。

記念撮影では、中川パラダイスさんに無理やり「パ~ラダ~イス」をさせられましたが(笑)
お二組とも気さくで素晴らしい方々です!

中川翔子さんは、体調が芳しくなかったそうですが、それを感じさせないパワフルなライブにプロ魂を感じました。
アニソンはあまり聞かないジャンルですが、会場が一体となる大盛り上がりでした。
しょこたんファンも確実に増えただろうと感じます。

そして、ご協賛いただいた土屋輪業様、いかしあい隊様、進和テック様、
エコ・プラン様、ファミリー引越センター様、素敵なプレゼントをありがとうございます。
プレゼントに当選した参加者も、とても喜んでおりました。

ご来場の皆様から、感謝の言葉やご指摘もいただき、
来年も更に良いものにしていこうと思っております。
キャリアコンサルティング広報ブログも御覧ください。


平井基之くん:チャンネルくららデビュー!

正論2月号に登場した、東大を文理で合格したプロ家庭教師「平井基之」くん。
1月に入り、「チャンネルくらら」にもデビュー。おめでとうございます!
ブログも大変興味深い内容が多数掲載されております。
是非、応援ください!

黒帯A講師として、歴史に学ぶリーダーシップ講座「武田信玄」、「安田善次郎」の講演も行なっています。

『チャンネルくらら』:
戦略的東大合格法~受験勉強には意義がある:1月14日
竹内睦泰の日露関係史:1月17日
竹内睦泰の日露関係史:1月24日

『平井基之くんAmebaBlog』:
東大合格術


第33回土光杯全日本青年弁論大会 清水崇史さん最優秀賞

1月7日

フジサンケイグループ主催の第33回土光杯全日本青年弁論大会が開催されました。
多数のエントリーの中から、メンバーの清水麻未さん、清水崇史さんが出場しました。

清水麻未さんは、土光杯が始まって以来の振り袖での登壇。
トップバッターとして、会場を華やかにし、スピーチでも盛り上げてくださいました。

そして、清水崇史さん。流石は黒帯S講師。
伝統ある大会での最優秀賞「土光杯」。本当に素晴らしかったです。

他の発表者も、レベルが高く、私もメモをたくさんとってノートがいっぱいになりました。
こういった方々が、日本の未来を引っ張っていくのだと感じました。

ディベートマッチでも、「チーム九段」として、奥野義一さん、平井基之さん、八尋滋さんが素晴らしい発表。
競技ディベートをやっているレベルの高い大学生にも引けを取らない内容。そして、表彰されました。

キャリアコンサルティングの幹部や、メンバーさんも多数応援に駆けつけ、本当に感動していました。

土光杯結果
土光杯 清水崇史さん 全文
※1月27日付けの産経新聞にも詳しく掲載されています。


歴史に学ぶリーダーシップ講座合格!「伊藤博文」「北里柴三郎」+憲法講座

11月23日

◆「伊藤博文」:八尋滋講師

明治時代。伊藤博文がどれほどの意志で、初代内閣総理大臣として新しい日本の形を作ったのか。
大日本帝国憲法を作った想いなどがわかる素晴らしい、感動的な講座です。

◆「北里柴三郎」:丸山橘子講師

「終始一貫」というテーマで、当時世界から劣っていた日本の医学界を見事に牽引し、日本人の格を上げた北里柴三郎。
世界中でコレラ・ペストで苦しむ方たちを救う手助けとなった発見の数々や、北里の人生から古き良き日本人の素晴らしさが伝わります。

◆「60分で学ぶ憲法講座」:平井基之講師

平井基之さんの憲法講座も聞かせてもらいました。
さすが実力者。見事な内容でした。
中学生以上なら理解できる内容で、憲法に興味を持ち、憲法を考える講座として非常に面白い。
まだ修正しながら詰めていくと言っていましたが、すでに合格レベルです!

新たな講座が、3つ生まれた素晴らしい一日になりました。