第56回 室舘塾ユース

7月5日

ネクサス事業部の柿沼です。
今回の室舘塾ユースの概要をお伝えします。
ユース
◆自分自身の基準を変える
30人ほどの初参加者による自己紹介(30秒)から始まりました。
30秒で自己紹介をすることは簡単ではないですが、これから所属する会社やチームの空気を変えていくユース生だからこそ、厳しく指導していただくシーンもありました。見ている側も、他の人がやっているものを見て学ぶ、見取り稽古が大切と言葉をいただきました。
リーダーとしての立ち居振る舞いが鍛えられる時間となりました。

◆夢を叶えるのはシンプル
お金で買える夢であれば、お金を稼ぐ力をつければ叶えることができる。
ただお金では買えないものは魅力を磨いていかなければ、叶うことはない。
地域を良くしたい、国を良くしたいというのは、一筋縄では叶わない。

それに比べれば、出世したい、車を買いたいなどの個人的な夢はがむしゃらにやれば叶う。
自分の夢は期日を決めることで目標にし、それを紙に書いて貼って細分化していく。
いくら夢を描いても計画を立てても実力がなければ意味がない。とにかく実力を磨いていく。

◆できるまでのステップ
自然体で出来る人を指して「天才」といわれる。
しかし天才とは努力の塊。そのためにはひとつずつステップを上がっていく。

人ができるまでのステップは
(1)無意識でできない→下手
(2)意識してできない→下手
(3)意識してできる→上手
(4)無意識でできる→上手
無意識で上手に出来る人のことを天才と呼ぶ。誰でも天才になれる。
共有

最後は恒例の腕立て伏せ!
腕立て伏せ

リーダーとしての存在感や教養、考え方、たくさん学ばせていただく時間となりました。
無意識で下手から少しずつ上がっていき、知識・知性を高めて深みのあるリーダーになっていきましょう。


第7回 キャリアコンサルティング大説明会

5月17日

大成功に終わりました。
詳しくはこちらを御覧ください。

今回は、多くのメンバーさんが舞台に立ちました。
キャリアコンサルティング野球部の皆さん、決勝まで進出して西武ドームに連れて行ってくださることを期待しています。
音楽団も結成し、新しい風が吹いています。オーケストラ結成に向けて頑張っていきましょう。

パネルディスカッションをやってくれた、
司会の工藤次長、北原さん、白木さん、津江さん、和田さん、清水麻さん、
多くの大学生に勇気を与え、刺激を与えたことがメンバーさんの感想でわかります。

着物ショーは本当に言葉がありません。素晴らしかった。
全員が盛り上がり、ウットリするような素晴らしいショーとなりました。

小さなヒーロー大賞の小高さん、黒帯二段でメンバー代表スピーチをしてくれた奥野さん。
それぞれ実力を発揮してくださり、多くの若者の心を打っていました。

「小さなヒーロー」パネルディスカッションでは、
司会の植木次長、芳賀さん、武藤さん、清水菜さん、丸山さん、
すごい実績を出した話も然ることながら、それぞれが落ち込んでいた時期の話には若者が誰しも上手くいかない時期を越えて、頑張っていくのだと感じたと思います。

そして今回は会場にしがくプレミア塾の先生方にお越しいただきました。
矢野彈先生、ペマ・ギャルポ先生、宮脇淳子先生、高森明勅先生、倉山満先生から、
キャリアコンサルティングへの理解が更に深まったという嬉しい言葉をいただきました。

その後の先生達との懇親会では5時間の大盛り上がり。すぐに高森先生、倉山先生の対談番組が実現しました!

★チャンネルくらら
高森先生&倉山先生
典憲体制をを語る!
高森先生&宮脇先生&倉山先生
日本の元号を語ろう


第5回社内木鶏全国大会 in 札幌

5月16日

この日は朝から着物を来て、札幌日帰りという強行スケジュールで行ってきました!
※詳しくはこちら

各社さん大変素晴らしい発表でした。
リージョンズ株式会社の高岡社長の「凡事徹底」。
「私の仕事ではない、あなたの仕事ではない、
誰の仕事でもないことを疎かにしない会社が伸びるのだ」
この言葉が印象的でした。

株式会社ヤマイシさんの話では、
「いままでは儲かる、儲からないで判断していた、
いまは正しいか、正しくないかで判断している」

感動大賞を受賞された滋賀県代表の株式会社ヒロセさんは、
3Kと呼ばれるごみ収集をやっている企業。
廣瀬社長も松谷さんも心に残る感動的な話。
堂々たる感動大賞でした。

株式会社タイピック、阿蘇立野病院さんも素晴らしいお話でした。

そして藤尾社長の講演は、いつもながら感動の話でした。

最近20代、30代で『致知』に感動する人が増えてきたという話には大変嬉しく思いました。

森信三先生、平沢興先生の話、とても勉強になりました。
・人生はニコニコ顔の命がけ
・生きることは燃えることだ
・達人とはその人の一点でも長所を見つけられる人
その話に心を打たれました。

会場も満席で、懇親会も大盛り上がり、
人間力の必要性、それを説く致知が北海道でも広まっていることを実感しました。


第19回侠塾 マジシャン:MR.HERO

5月12日

私のコミュニケーションマジックの師匠でもある
Mr.HEROに講演していただきました!
Mr.HERO
人としての総合力を上げていくために、
「オンリーワン+文武両道」という分野で磨いた。

「女性にモテたい」という人がいるが、
「女性にモテたいだけ」の人との交流はなるべく敬遠した。

男女共々からモテるようになるぞという仲間と共に歩んできた人生だった。
シマックさん、レジンさん
そしてコミュニケーションにおいて、いかにマジックが有効だったかという話に、
会場は大盛り上がりでした!
マジック2マジック
お手伝いしてくださった、シマックさん、レジンさん、ムックさん、
遅い時間まで本当にありがとうございました!
記念撮影記念撮影2


遠州流茶道:風炉のお点前

5月12日

ブログではあまり紹介していませんが、月4回の茶道のお稽古。
この2年間は皆勤賞で通っています。

5月からは「風炉」ということで、薄茶の基本的なお点前をしました。

季節が変わることで、お花、お道具、しつらえも変わり、
東京のど真ん中で日々を過ごしながらも、季節を感じます。
お茶を始めて、本当によかった。

この日は、
小堀宗実家元と、先代のお家元がコラボして筆を入れた珍しいお茶碗を使いました。
親子で一つのお椀に絵を入れるのは珍しいことだそうです。
つばめの絵が書かれており、5月はつばめが巣を作り始めるからとのことでした。

私にとっては、本当に良い時間を神楽坂で過ごしていると感じます。

おもてなしの心、原点に帰れる月4回の修行であります。


沖縄祖国復帰記念大会

5月9日

沖縄の祖国復帰43周年ということで、
靖国神社にて、中山成彬先生やケント・ギルバートさんの講演がありました。

中山成彬先生から、
昔、成田闘争で反対をしていた人間が今は普天間基地、辺野古の抗議活動に来ているという話、そして、憲法改正についての話がありました。
中山成彬先生

ケント・ギルバートさんは大学生時代、沖縄で過ごしたことがあったらしく、
海洋博の話、沖縄にタコライスを広めたのはケントさんだったという話には驚きました。
・当時、沖縄でのミッションを遂行している米軍は、世界の平和を守る誇り高い仕事と思って働いていた
・海兵隊員などはみんな沖縄のことが大好きだった
という話が印象的でした。
ケント・ギルバート先生

沖縄市議会議員の小渡良太郎さんは、沖縄の県民性を色々言う方がいるが、
本土の人は沖縄県民の尊厳を担保してほしいという話が印象に残りました。
市議会議員

最後の仲村覚さんからは、
日本がまとまらなければならないし、5月15日はマスコミが偏って報道している「屈辱の日」というのではなくて、日本全体で祝う日にしなければならないという話がありました。
私も本当にそう思います。
仲村先生


日本人初のスーパー王者:内山高志V10:衝撃のKO劇

5月6日

WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者。
スーパー王者とは、王者の中の王者。
WBAでは日本人初の快挙です。
スーパー王者

その内山高志選手の10度目の防衛戦を
スタッフの筑主任と寶部さんの三人で、
前から6列目というベストポジションで観戦しました。
内山選手
内山選手は
・第1回侠塾、
・第104回しがくセミナー
の講師として二度にわたりメンバーさんにお話してくださっており、内山選手との御縁で応援に駆けつけました。

まさかの早すぎる2ラウンドKOに、会場が地響きを上げるような歓声!
本当に最高の戦いでした。
勝利!!

強すぎる内山選手ですが、心優しく人間的にもスーパー王者です。
本当に感動しました。


第124回しがくセミナー エド・はるみ先生

5月3日

「人生の選択」というテーマで、
エド・はるみ先生にご登壇いただきました。
エド・はるみ先生

当日は600名を超える方が集まり大盛り上がりでした。
皆さん機会があったら、エド・はるみさんの講演を一度は聞いてみてください。
とても人生の参考になります。そしてとにかく面白い。超おすすめです。

本格的に演劇を勉強しアルバイトをしながら
お芝居をするという人生を10数年続けたエドさん。

子どもの頃から人を笑わせるのが大好きで、
その原点に戻ろうと思い立ったのが40歳。

よしもとのNSCに入学して、お笑い界にチャレンジした。
授業料は年間40万円。高いとみるのか、安いとみるのか。
年間授業のコマ数から計算すると一コマあたり500円。
これは私も安すぎると感じた。

年齢の関係で周りから馬鹿にされ、
何度も心が折れそうになりながらも、
頑張り抜き、少ないチャンスをものにして知名度を上げていった。

2006年にNSCを卒業。その2年後の2008年に「グ〜」がヒットして、
更に24時間テレビのマラソンを走るという夢を実現させた。
花束
そこに至るまでの話は、ものすごい参考になりました。

最後に、やるべきことをやって、コツコツ積み重ねて、
実力を身につけていった人間のみ夢を掴める。
日々の地道な努力が大切だと感じました。
記念撮影
エド・はるみ先生と


コミュニケーションマジックセミナー in 錦糸町

6月14日

こんにちは。しがく事業部の藤田です。
コミュニケーションマジックセミナーが開催されました。

講師は東京伝道師のMr.ムロです。
Mr.ムロ

コミュニケーションマジシャンの
東京事務局長のマダム・ホヤ~ン、中級マジシャンのMr.ムック、はらぺこさん、
そして、中上級マジシャンのレジンさんの4名にご協力頂きました。
マダム・ホヤーンMr.ムックはらぺこちゃんレジンさん

今回、Mr.ムロからは創業者のMr.HERO先生のお話から始まり、
あくまでも「相手が主役」のコミュニケーションを軸とした17種類ものマジックが
丸一日掛けて伝授されました。
6月14日CMS 373

17種類の中ででも一番の人気はやはりチェンジカードです。
誰にどんな場所で、何を出そうかと盛り上がっていました。
グッズではホワイトカードが一番人気で、セミナーが終わった後、
早速披露し「相手に感動してもらえました!!」という方もいらっしゃいました。

また、
「相手を喜ばせるためにやっているという事を忘れずに、周りを喜ばせたい」
「感動しっぱなしでした!マジックでこんなに感動を与えられるなんて凄いです!」
という感想が多く出ていました。

終盤のマークサーチ、クロスマジックが一番の盛り上がりでした。
Mr.ムロからは、心構えや準備、リスク管理、スピーチの話がありリーダーシップという点でも
大変勉強になったと思います。
練習中お手本
最後に、
「心」を大切にしてマジックで感動を与えていってほしい
自分がマジックが出来て気持ちよくなるではなく、
相手の立場に立ち、心のあるマジックをするからこそ
感動を与えられる」という話には、会場全体がハッとした雰囲気になっていました。

今回のマジックをしっかり復習するだけで、おどろく程周りの方を笑顔に出来ます。
DVDで復習をして、これから夏に掛けてイベントが増えていく中で、目の前の方に感動と笑顔を提供していって下さい。

35名が初級マジシャンの認定を頂くという、
終始感動的なコミュニケーションマジックセミナーとなりました。


第70回凜華塾 筆跡姓名鑑定士 丸山静香先生

4月8日

グラフォロジーコンサルタント、
天命書乃道 家元、
和魂傳承書道家 宗家、
丸山静香先生にご登壇頂きました。

丸山先生
1月の侠塾でも大変盛り上がりましたが、今回の凜華塾ではそれ以上でした!

書は人なり
自分の名前の書き方を変えるだけで、その後の人生を良い方に導くという。
シンプルな考え方に本当に興味深いものがあります。
鑑定

私も個人レッスン6回コースを受け終え、
その後自分の行動や習慣が2、3変わり好転しております。

丸山先生には、心より感謝しています。
記念撮影