第9回俠塾 靖國神社 松本聖吾先生

9月11日

第9回 俠塾
靖國神社 遊就館部展示課長 松本聖吾先生
松本課長
もう、何年の付き合いになるだろうか?
松本課長には本当に何かとお世話になってきました。

今回は、男性120人にお話いただいた。

平成24年から靖國神社の遊就館の展示課長をしている。
スライド

・3000点の展示がされている。倉庫には10万点がある。

・特攻を犬死にさせたのは当時の軍司令部ではない。今の現代人である。

・片道燃料で特攻したのは、ウソである。燃料は常に満タンだった。

・沖縄に関して。沖縄が日本を護ったのだ!と胸を張って言える日が来て欲しい。
沖縄を守る為に、3,000人が沖縄へ行った。

『遊就館にいつでも来て下さい。
2時間から3時間かけて説明します!』

松本課長の国護りは、これからも続いていくのです。

素晴らしいお話でした。
集合写真


第9回俠塾 靖國神社 松本聖吾先生” への3件のコメント

  1. 先日またメンバー向けに遊就館ツアーをして頂きました。

    私は性別的にこの塾には参加できませんでしたが、松本課長にお話しいただいてから、
    遊就館の展示物一つ一つに宿る歴史を、いつも拝観するたびに感じる様になりました。

    多くの若者に、遊就館と触れる機会、そして靖國と触れる機会を作っていきたいと思います。

    いただいたご縁に深く感謝いたします。

  2. 松本課長のお話を聞いていて、最後は涙が止まらなくなりました。

    「特攻隊を犬死にさせるのは今の国民。今の人の考えで特攻隊の方々のことを語るな。
    みんな沖縄を見捨てた、というが嘘。特攻隊は沖縄を守る為に飛び立った」
    「軍隊はちゃんと生きて帰って来い、というのが前提」
    「命どぅ宝→命よりも大事なものがある」

    「歴史は基本的に答えがない。大事なことは自分が何を信じるか」という言葉が最後に響きました。
    私は日本国民として先人の方々を信じたい、感謝したいです。
    想いを受け継ぎ、先人達が守ってくれた我が祖国・日本を護っていきたいと思います。

  3. 父、勇(終戦時、海軍兵曹長)は硫黄島玉砕の一週間前まで現地に赴任していましたが、母校海軍砲術学校の教官を命ぜられ呉に帰還し、私は母子家庭にならずにすみました。私は身内にも地域にも戦没者が多数おられますが、地区の慰霊祭(102名)には遺族会とともに自治会長として参拝しています。父は軍恩連盟の支部長として長きに渡り務めておりました。

村田 義弘 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。