映画 『俺は、君のためにこそ死ににいく』

5月14日

皆さんおはようございます。
室舘でございます。


映画 『俺は、君のためにこそ死ににいく』
製作総指揮 石原慎太郎

最高でした!


思わずパンフレット5冊買ってしまいました。

一人で行ったので人目も気にせずにガンガン泣きました。

9年連続靖国参拝している私にとっては、ど真ん中に来ました。

私が一番伝えたい事。

この国を守ってくれた人

(実際の領土だけでなく、国体そのもの)に感謝する。

特攻隊なんて何も知らない若者が、

国を想って身内を想って飛び立っていった。

それが、克明に描かれている。

真実のPOWER、本物の作品の凄さをまざまざと目の当たりにした!!

これは是非見て欲しい。

そして、15,6才~20代前半の特攻隊員が残してくれたもの

『勇気、愛情、誇り、友情、使命感、公の心、気合、やさしさ、やさしさ、やさしさ』

皆、やさしい。本当にやさしい。


物質的なものは戦争でボロ負けして何にもなくなったが、

確かに精神的なものは受け継がれて行かなければならない。

いやすでにしっかり受け継がれている。

彼らの後姿から多くの人は平和と言うありがたみを感じ、

感謝をしなければならない。

大西瀧治郎海軍中尉が特攻作戦を決意するが、

その辺もしっかり描かれている。

ただ、最後責任を取って8時間悶え苦しんだところは

カットされているがここに記しておきたい。

大変苦悩な日々を過ごされての本当に苦渋の決断だったと思う。

アメリカを中心とした連合軍、世界各国に強烈なインパクトを与えた実績、

世界からの目を考えてみるが本当に、凄い国体を残してくれたと思う。

超、無形財産だと思う。

見えない防衛にもなっている。

平和な状態には原因がいくつもあるが、

間違いなく『特攻作戦』はいまだに全世界に強い影響力を残している。

声を大にして言いたい。

先人の皆さん、ありがとう!


皆さんの人生は意味あるすばらしいものだったですよ!と。

この映画は、石原都知事が鳥濱トメさんから

当時の特攻隊の話を聞き、忠実に再現した。

鳥濱トメさんとは、鹿児島の知覧の町(特攻基地の場所)の軍指定食堂である

富屋食堂のおばちゃん。(結構有名です)

映画を見た後、そのまま帰れず、

新宿三丁目にある居酒屋『薩摩おごじょ』に寄りました。


ここは、トメばあちゃんの実の孫である赤羽 潤さん(左)がやっている。

早速『赤羽さ~ん、今見てきたよ!』ってもう、盛り上がる盛り上がる、

本人はすでに3回見たそうです。

赤羽さんは、

『映画見てて、本当にトメばあちゃんが私に言ってたのと全く同じだ。

なんかばあちゃんがスクリーンから語ってるみたいだった。』


『金山って朝鮮人でたでしょ。

あの人は朝鮮人だから食堂の隅でひっそり寂しそうにしていた。
トメばあちゃんとかあちゃん(礼子)が一番かわいがったのが金山くん。』

『映画作る時もそこがしっかりと描かれるかが一番心配していた。
ばっちりそのままだった。アリランを歌った時も、

本当に帽子を深くかぶり涙を隠し、歌った場所まで全く同じ。』

『憲兵に手紙を出すところを見つかったときは、

夕方から翌朝まで拘留され、殴られ、なんと顔は倍近く腫れあがって帰ってきた。』

『トメばあちゃんは、本当に戦争のない世の中を強く望んでいた。』

赤羽さんの話と、春鰹にづけ揚げで良いひと時を過ごし新宿三丁目を後にしました。

映画公開記念の紅ほたる

赤羽さん、ビッグポスターまで頂きありがとうございました!

映画館は新宿3丁目「バルト9 」がオススメです。

椅子が大きく、飲み物も置けて心地良い。

上映スケジュールはサイトをご覧下さい。

映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」公式サイト


映画 『俺は、君のためにこそ死ににいく』” への9件のコメント

  1. お疲れ様です。
    いつも楽しみにブログを拝見させて頂いております。
    この度の映画もこの一週間の間に必ず鑑賞しに伺いたいと思います。
    少し話は変わりますが、今アメリカで今井雅之さんの作った映画が話題になっております。
    私もこのジャンルのお話が好きなので嬉しく思います。
    また先人の方に感謝です。
    ぜひ明日も頑張って伝えて下さい。
    失礼致します。

  2. 今井さんの映画が、話題になっているんですか。貴重な情報をありがとうございます!
    今、うちの社員が続々と見に行ってまして、薩摩おごじょにも行ってお孫さんと大盛り上がりだったそうです。ドンドン盛り上がってきている感じです。

  3. 20日の説明会終了後、早速、担当スタッフさんとメンバーさんとこの映画を観て来ました。
    私も終始泣きました。
    この当時の若者の精神は凄い!!素晴らしい!!
    少しでも見習いたいと思います。
    昨年、映画「男たちのYAMATO」や舞台「WINDS OF GOD」も観ました。
    ベストを通じて、戦争について学ぶ機会が多くなりました。
    たとえ負けると分かっていても、最後まで諦めなかったこと、次世代へ希望を残そうとした特攻隊の想いがこの映画で感じられました。
    先人に感謝すると共に、
    彼らの想いを受け継ぎ、次世代へ伝えられるよう、正しい歴史を学ぼうと思いました。
    多く人に観てほしいです。そして、何か感じてほしですね。
    それから、薩摩おごじょにも一度は行ってみたいです!

  4. 私も説明会終了後、担当スタッフさん、メンバーさんと「俺は、君のためにこそ死ににいく」を観ました。
    もう、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
    先人たちが残してくれた勇気、愛、やさしさ、希望などなど多くの想いのうえで私たちは生きていて、生かされているのだと強く感じました。
    自分だけの命ではない。先人から頂いた尊く貴重なこの命を大切にしていかなければいけません。
    本当に多くの方にこの映画を観て欲しいと思いました。

  5. まだ見れていないのが悲しいです。
    来週には見て感想を書かせてもらいます。

  6. この間は有り難う御座いました、社員の方々もお店に来ていただいています、私がトメお婆ちゃんの話を聞かせて上げると社員の皆さん真剣な目をして私の話を聞いています、皆さん戦争の事を真面目に考えている様に私には見えました。
    皆さんこの映画は正に真実の映画です、ぜひ観て上げて下さいね。
    鳥浜トメの願いは「もう二度と戦争を起こしては、いけない」です。
    室舘さんまたお店に顔を出して下さいね。
      知覧特攻の母 鳥浜トメ 孫 赤羽潤 より

  7. 「男たちのYAMATO」のような派手さはありませんが、より、身近に彼らの気持ちを感じることが出来ました。ヒルトン東京ベイの営業の方も、トメさんの本を読んでいて、早く観に行こうと盛り上がっていました。このような話を聞くと、燃えてくるそうです。私もそんな営業マンの方を見てさらに燃えてきました。

  8. 皆様、たくさんのコメント有難うございます。
    まだまだ、始まったばかりですので、まだの方は是非御覧下さいませ。

  9. 戦争を考えるために、小林よしのり著『戦争論』を読んでみてほしい。
    ここが考えるスタートだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。