照蓮太志塾  講師:ペマ・ギャルポ先生

3月20日

今、話題のチベット問題

チベット問題と言えばペマ・ギャルポ先生です。

マスコミに先駆け、産経新聞より2日早くお話を聞くことが出来ました。

先ず、五反田に迎えにいったのですが、取材が長引いて30分待ちました。

後部座席では、ひっきりなしにマスコミからの電話取材&出演依頼。
ほとんど話せないまま、講義に入りました。

青蔵鉄道の開通により、ラサには観光客が増えるも、

経済的に潤ったのはほぼ漢民族(中国人)。

昔はチベット駐在を喜ぶ共産党員はいなかったのだが、
最近、インセンティブやら新聞にて褒められるやらで、皆行きたがるようになったらしい。

ダライ・ラマ法王と胡錦涛国家主席は対談すべきである。
このままでは遊牧民が反乱を起こす。そのなると統制が利かなくなる。

今対談をすれば、まだ間に合うからです。

皆さんご存知のように、もう新聞その他で様々な報道がされています。

■挑発に怨念噴出 チベットの哀しみ(MSN産経ニュース)

中国の今後の対応は見ものである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。