真弓小児科医院の真弓定夫先生

6月11日

数年前、美健ガイド社の倉社長と出会い、
それから、美健ガイド社のマンガ本を数十冊読みました。

それ以来、大ファンであります!!

その、食に関するマンガ本の数十冊の監修をされているのが、真弓定夫先生です。

今回は、しがくセミナーの講師のお願いに吉祥寺の真弓小児科医院を訪ねました。

噂に聞いていたとおり、ここは病院か?という場所にあり、室内も病院らしくありません。

真弓先生は、子育てで無く「子育ち」と言い、薬は出しません。

人間の本来持っている免疫力や自然治癒力に詳しく、その道では日本一だと思います。

1945年、アメリカに負けた日本はかなり強かった。(3年8ヶ月ガチンコで闘えたわけですから。)
アメリカは、日本が二度と刃向かってこないようにと考え、日本人の骨抜き作戦を考えた。

・食べ物をコントロールして(CMなどを利用)弱い体を作る。先ず粉ミルクからスタート。

・家族の断絶をはかる為、個人主義や個室の奨励をする。

・牛乳は牛の赤ちゃんが飲むもの。
 牛乳でガンの発症率は上がる、牛乳は毒のようなもの。


など、普通の日本人が驚くような話が次から次へと飛び出しました。

しがくセミナーでの講演も、ご快諾いただきました!!
お楽しみに。


真弓小児科医院の真弓定夫先生” への5件のコメント

  1. メンバーの石関祐輔です。
    私も以前、美健ガイド社主催の講演会において真弓先生のお話を聴かせていただいたことがあります。
    医療関係者として、人間として私が生きる上での軸となるお話を聴くことができ、また戦後いかにして日本人が弱くなっていってしまったかより詳しく知ることができました。
    牛乳や砂糖、動物性の油や肉などの欧米から入ってきたものがもたらす健康被害や、日本社会を壊してきた個人主義や核家族化など、多くの日本人に知ってもらいたいと思います。
    小児科医や産婦人科医を志望する医師がどんどん減ってしまっている昨今、真弓先生や池川先生のような本物の小児科医、産婦人科医が増えてくれることを願います。

  2. 美健ガイド社の本で真弓定夫先生のお話を読み、一度先生のお話を伺ってみたいと思っていました。
    しがくセミナーという形で機会を下さり、誠にありがとうございます、
    当日先生のお話を大変楽しみにしております。

  3. いつもありがとうございます。室舘塾生&縄文ストレッチの中本です。
    真弓先生の、薬を出さず、食事や生活をきっちりするだけで治るという考えとご活動を聞いてから、参考にさせていただいております。
    他の医師や薬屋と戦い続けてこられた事を思うと、非常に逞しい先生だと尊敬しております。
    セミナー楽しみにしております。

  4. ご多忙中、素敵な機会を作って下さり、ありがとうございます。
    仕事では、多重に服薬される方と関わっていることもあり、大変興味深いです。
    とても楽しみです!
    保育士をしている友人も誘います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。