第7回 俠塾 野倉幸男先生

5月8日

私の遠州流茶道の先輩。
もちろん生徒誰一人名前を知らない無名の方。
野蔵先生

私の先輩と言うことと、きもの塾の20名の女性が野倉さんの自宅で
お茶会をやったので何となく知っている程度。

きもので登場し、お能を披露する野倉さんに一同唖然とする。

話が始まると、一気に野倉ワールドへ!!

・10年間の修行生活の話。親方とお客さんの為にひたすら地道に頑張った。
・台湾東大生への資金援助の話は、多くの若者が感動。
・遠州流茶道は、お茶室を作ったから仕方なく始めた。
・お家元に対する想い。自分が支えていくんだという決意。お家元のやさしさ。
・蜂屋柿(千年の歴史、天皇陛下や戦国武将に献上された。)
平安時代から伝えられる干し柿の王様
・利休の話(あさがお、雪の話)
・杉の木とヒノキの違い

などなど、多岐にわたって素晴らしいお話だった。
会場

60人ほどの感想文を読んだが、一様に感動しており、
野倉さんのお人柄に皆さん惚れていた。

・きものがかっこいい。
・茶道に対して、見方が変わり、自分も始めてみたい
という方が結構いた。

野倉さんにご自宅に遊びに行きたい方も多くいました。
これをきっかけに、茶道やきものが広まれば幸いです。

野倉さん、ありがとうございました!
俠塾


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。