第92回しがくセミナー 真弓定夫先生

9月2日

第92回しがくセミナー
講師 小児科医 真弓定夫先生

テーマ
『親になる君たちに伝えたいこと』

 

出席された方は、戦後、いかにGHQが日本人の食事を悪い方へコントロールしたのかが、大変良くわかったと思います。

・アメリカは、日本の保健所・教育委員会・大学病院との関係を深め、パンや牛乳を奨励した。

特に牛乳に関しては、絶対に飲んではいけない!!と強く話していました。

・マクガバンやキャンベルは言った。
「世界一の食事は日本食である。ただし、室町時代に食べていたものである」

・パンやパスタを常食してはならない(たまになら良いが・・)。高カロリー過ぎるのだ。
 パンやパスタはヨーロッパ人には合う。数千年食べ続けていればDNAが変わる。

 

・遠くて近いものを食べよ。
 人間→獣→鳥→魚→木→草  野菜や穀物中心に魚や鳥を時々食べるのが良い。
 地産地消、旬産旬消の発想から、産地は近いものを。

・食べ物は本来自分で集めるものなのだ。4里四方(16キロ)から。

・赤ちゃんの吸引力はおっぱいとほ乳瓶では60倍です!!母乳で育つと吸引力も育ちます。

懇親会では、会場では聞けない話がたくさん飛び出しました。

・2年前に買ったマクドナルドのハンバーガーは、未だに腐っていない。
・最近は2週間くらいで腐る。良くなっている。

・花粉症は花粉が原因というよりは、プラス排ガスが問題である。

・ワクチンは打つな!あまり意味が無い。150ウイルスのうちの4つにしか効果無し。残り146どうするの?

・電化製品をなるべく遠ざける事。特に強い大量の電気、電流。

それぞれ詳しく書けませんでしたが、気になることがありましたら自分で勉強してみて下さい。(真弓先生談)

ご参加の皆様、大変お疲れ様でした。


第92回しがくセミナー 真弓定夫先生” への1件のコメント

  1. メンバーの石関祐輔です。
    日曜日はしがくセミナーに参加させていただき、ありがとうございました!
    私は医療とは「患者に癒しと安心を届けること」が本質だと思っています。
    真弓先生はまさに私の理想とする「本物の医師」です。
    真弓先生の話はとても分かりやすく、説得力がありました。
    それは真弓先生ご自身が実践されていて、80年間健康であるという事実が一番の説得力を生んでいるのだと思いました。
    また、こういった話はあまりにも「真実、正論すぎる」ために非常に拒否感の強い話です。聞くスタンスができていない人にもいかに聞かせるか、真弓先生の伝え方にもとても勉強になりました。
    私が医療の道に入ったあと真実の道を進み始めたのは、もともと現代西洋医学に対しての怒りがきっかけでした。
    アメリカGHQ、経済優先で国民の健康を犠牲にしてきた政府、厚労省、保健所、医師…こんな現状を何とかして変えたい!
    私は日本に癒しと安心を届ける「癒者」として、この人生を持って一人でも多くの人を元気にして国護りします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。