中国政府の船、4隻が領海侵犯

再び中国政府の船が領海侵犯をしている。

戦力も2倍に増加している。
このまま中国がエスカレートしてくるのは避けなければならない。


中国船4隻が領海侵犯
~8日ぶり尖閣周辺に~
 第11管区海上保安本部によると、27日午後3時ごろ、中国海警局の船「海警1126」「海警2113」「海警2146」「海警2151」が尖閣諸島(石垣市登野城)魚釣島の周辺領海を相次いで侵犯した。中国公船が尖閣周辺で領海侵犯するのは、19日以来8日ぶりで、尖閣国有化後、合計66日。
 海保の巡視船が領海から出るよう警告したのに対し「海警2151」は無線を通じ、日本語と英語で「釣魚島と付属島しょは古来より中国国有の領土である」と応答した。
 4隻は5時過ぎ、相次いで領海から退去した。
 海警局の船は19日、台風から避難するため尖閣周辺の接続水域から姿を消していた。

八重山日報9月28日版より抜粋


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。