井上和彦先生緊急セミナー

5月4日
東日本大震災における自衛隊の大活躍について
室舘勲のブログ
140人の席が、すぐに予約でいっぱいになる。
皆さんかなり興味があるようだ。
・2親等以内を無くした自衛隊員 250人
・親族を亡くした自衛隊員 500人
そんな中、自分の事は横に置き公の為に
『飲まず、食わず、座らず』でいつものごとく人助け。
室舘勲のブログ
井上先生は米軍の活動の実態を見ることで、日米同盟をリアルに感じたそうだ。
米軍は1.8万人。○○を140機投入。
仙台の空港を使えるようにしたのは米軍である。
普段は、瓦礫の片付けのような作業はやらず、不慣れであったが、自衛隊員と共に
一緒に瓦礫を片付ける。
日本人に習い、アルバムや卒業証書も丁寧に箱に入れる米軍。
日本の指揮のもと、10万7千人の自衛隊員と共に動いてくれた。
米軍の皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいである。

室舘勲のブログ
義援金の話だが、国民一人あたりいくらいただいたのか。
アメリカ 35円
韓国  50円
台湾 650円
中国   0.03円
台湾がダントツナンバーワンである。
こういうところからも、親日国であることがわかります。
最後に、会場がすすり泣きでいっぱいだったのが、
『うみちゃんの手紙』であった。
じえいたいさんへ。
げん気ですか。
つなみのせいで大川小学校のわたしのおともだちがみんな
しんでしまいました。でもじえいたいさんががんばっているので
わたしもがんばります。
日本をたすけてください。いつもおうえんしています。
じえいたいさんありがとう。
http://bit.ly/iHmNjr
実物がでています。
隊員の多くがコピーをして手帳などに入れて持ち歩いている。
隊員達は、本当に大きな力をもらったと劣悪な環境の中で頑張っている。
井上先生は
『現地のボランティアももちろんだが、自衛隊の方々へ慰問して、応援したり、
ファブリーズなど持って行けば嬉しいと思う』
と現場にいった人ならではの意見も飛びだした。まともに風呂にも入れないのだ。
最後には、感動で目を赤くした若者が、凛とした表情で会場を後にしていました。
井上先生の講演は、多くの方に広げていきたいです。

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV#p/u/8/ct3GAwQSarM
参加者の皆さんも、お疲れ様でした。


井上和彦先生緊急セミナー” への2件のコメント

  1. 今回のセミナーに参加させて頂きました。
    井上先生はもちろんですが、室舘代表はじめ、キャリアコンサルティングの社員の方々のおかげと存じます。
    この場をお借りして御礼申し上げます。
    誠にありがとうございました。
    事前に伺ったお話では、140名の定員では収まりきらないほどで、参加できなかった方も少なくないそうです。
    参加させて頂けたことに重ねて御礼申し上げます。
    私は、BEST入会当初から井上先生のファンですが、今回のセミナーは今まで一番感動的でした。
    井上先生がご自身の危険を省みず、被災地を訪れたことで明らかになった事実を知り、自衛隊の方々はもちろん、米軍の方に対する感謝の気持ちでいっぱいです。
    と同時に、自分にできることに精一杯取り組もうと改めて感じさせられました。
    うみちゃんの想いは、自衛隊の方々だけでなく、私達一人一人が受け止めていかなければなりません。

  2. 本当に貴重な機会でした。
    津波警報が鳴り響く中、撮影している自衛隊の方々の声「津波が来てるぞ!走れ」、その先には、畦道をあるく小さい子供を連れた大人達。
    うみちゃんの手紙。
    涙が止まらない2時間でした。
    私のブログにも載せさせていただきました。
    自衛隊の活躍、米兵の活躍、伝えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。