第15回 侠塾 元航空自衛官 杉山一弥先生

9月10日

元航空自衛官の杉山一弥先生
小山高生先生

1996年のガルーダ航空 オーバーラン事故で3人死亡
その時の自衛隊員は裏でどんな決意、覚悟で待機し、現場に向かったのか。

同期のお話が印象に残りました。
自衛隊において、同期とはもの凄い意味合いがある。
同期が二人亡くなっている。

同期の絆は半端ないようだ。
20年経った今でも、同期の命日には皆で現場に行って慰霊をするそうです。

途中からは、男だけの塾ならではの異性に関しての質問なども出て、大いに盛りあがりました。
また、リーダーとして体を張って絆をつくりあげたお話には刺激を受けました。

杉山先生、大変有り難うございました!
集合写真


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。