第47回 室舘塾ユース

10月5日

ネクサス事業部の柿沼です。
本日の室舘塾ユースの概要をお伝え致します。
室舘塾ユース
◆リーダーとしての感覚
ひとつのことに集中することも大切だが、目の前のことばかりになってしまう
と車の運転のように事故をおこしかねない。周りを見る視野も重要。

また外の会場でユース生が学べるのは先輩たちがつないでくれたためであり、
お金を払って借りていても、場所やその会場の方への配慮は忘れてはならない。

◆初参加メンバーの自己紹介
本日は初参加の方が多く、自己紹介をしてもらいました。

そこで室舘代表より国旗への敬意や人前​で発表する際の心構え、
主催者は誰なのかというアドバイスをいただきました。
また、ベテランのメンバーはリーダーとして課題を発表していきました。

課題と聞くとネガティブに捉えがちだがリーダーとして勝つ方向から考えることや
アドバイスを頂いた際の表情など教えていただきました。

◆メジャリーガー上原浩治投手
ボストン・レッ​ドソックスの上原浩治投手から不屈の雑草魂を学び、
努力されている姿や好きなことをやっているから幸せという言葉​が心に残った様子でした。
室舘代表からはスキルを身につける大切さやボストンレッ​ドソックスのオーナーに対して
経営者からの目線でお話をいただきました。
ディスカッション

そして最後は恒例の腕立て伏せをして、今回の室舘塾ユースは終了しました。
腕立て伏せ
人の前で発表する際​に​自分のことばかりではなく、
相手の立場にたった配慮が求められると実感したのではないでしょうか。
リーダーとしてのスキルや心を身につけてどんどん発揮してきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。