救缶鳥プロジェクト

11月26日

弊社の取引先に、「救缶鳥プロジェクト」という国際支援を行っている企業があります。

パンの缶詰を作っている企業で、缶詰の賞味期限は3年です。

購入から2年は、災害時の非常食などとして備蓄し、

なにごとも無ければ下取り回収されて、海外の飢餓に苦しむ人々に送られます。

室舘勲のブログ

気付いたら賞味期限が切れていたということもなくなり、国際貢献にもなります。

すばらしいアイディアです。

興味がある方はこちら

http://www.nasuinfo.or.jp/FreeSpace/aki_pan/kyucancho.htm


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。