第11回 一水会(女性の為の外交政治塾)

1月23日
第11回 一水会(女性の為の外交政治塾)

50名が参加。


講師:五井野 正 博士 

テーマ:ゴッホと浮世絵

五井野博士も非常にノリノリの2時間半でした。
ゴッホの研究に関しては世界で第一人者です。


ゴッホはなかなか絵が売れなかったので、1枚づつしかないので高値が付くのです。

「ゴッホが浮世絵を真似て書いたといわれているものにはすべて意味があった」
という衝撃的事実に場内静まりかえる。


浮世絵風の絵が残っていますが、漢字も良く知っていて意味をわかって書いているのです。
決しておしゃれで適当に書いているわけではありません。

ゴッホの書いた浮世絵には、娼婦だった奥さんに対しての愛情、想いがぎっしり詰まっているのです。
奥さん想いのやさしいゴッホを知り、私は涙がこみ上げてきました。



五井野博士の発見はもっともっと日本で取り上げられるべきだと思います。
機会がありましたら、本を読んだり、話を聞いたりして下さい!


ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。