照蓮太志塾

7月17日


講師:ペマ・ギャルポ先生

◆北京五輪中の通達

国民へ

・輸血足りなくなる恐れあるので、五輪中は出来ません。

~死ねということか?~

いきなり驚きました。

◆五輪そのものが成功していない

ウイグル・チベットの聖火リレーはチベット人、ウイグル人は外出禁止だった!

驚きです。

私が思った、現状の問題。

日本は戦後から、何でも『カンタン』に済ませてきた。

食事・着るもの・行事・教育

簡単に済ませる弊害は本当に多い。

消費にも大きく影響が出てきている。

着物も、従来のものでなく、化学繊維で出来たものは1万円ほどで買えます。

偽者が商売となり、はびこっている。

行事にしても、『別に良いじゃん。』で終わっている。

消費も、カンタンで好きなもののみに傾く傾向にありますね。

経済、商売ばかりみていると気がついたら本当に大切なものを失い、

取り返しがつかない損傷を『日本』は受けかねない。


照蓮太志塾」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様です。
    北京五輪の真っ只中、メディアから見えない中国内の現状がとても気になります。
    『カンタン』について、
    世の中便利になっていく中簡単になってきたものが多くなったと感じます。
    その中で大切なものを見失なわないよう、特に食事・着るもの・行事・教育は大事にしていこうと思いました。
    ありがとうございました。

  2. 本当に、危機感を感じましたね。
    便利なものに流れていくのは、世の常ですが、気をつけたいものです。

室舘 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。