第4回コミュニケーションマジック塾

2月8日

今回はサンパール荒川にて、コミュニケーションマジック塾を開催しました。

本日はいつもと流れを変えて、コミュニケーションマジックについて理解を深めていただく塾となりました。

第4回コミュニケーションマジック塾
教材は、今回で第5弾となるコミュニケーションマジック書籍。

blog02
これまで私の話が載っている部分を輪読して解説していきました。

主な内容は以下の通り。

・私の師匠であるMr.HEROとの出会いや、Mr.HEROから学んできたこと
・海外におけるマジックの経験から、リーダーとして持っていてほしい感性について
・人が集まる環境について
・女性の活躍から、コミュニケーションマジックの可能性が広がっていること
・コミュニケーションマジックで、芸能人や世界チャンピオンなどの著名な方々にも喜んでいただいていること

などお話しました。

blog01

多面的にコミュニケーションマジックについてとらえていただける時間になったかと思います。

コミュニケーションマジックは、私の専門であるリーダーシップやコミュニケーションにつながることも多く、マジック歴10年の中で多くの学びをいただいています。

blog03
今日気付いたことを活かして、コミュニケーションマジックから一つでも多くのチャンスを掴んでもらいたいと思います。

本日参加された塾生の皆様、雪の降る中大変お疲れ様でした!


第4回コミュニケーションマジック塾” への10件のコメント

  1. Mr.ムロ
    雪の中、貴重なお時間を使い塾を開催して頂き有難うございました。
    コミュニケーションマジックでこんなにも得られるものがあるのかと、その深さに感動し視野を広げることができました。
    私は誰かのためと思ったときにスイッチが入るという感覚を以前より感じていましたが、マジックもそういった感覚を持ってやることで全く違う捉え方ができることに気づかされました。
    外に出てマジックをやるときには「私が」の想いも持ち塾生としての誇りを背負いやっていきます。
    今後も代表の側でコミュニケーションマジックを通し、リーダーとして外せない部分を学び、マジックによって周りにいい影響を出していきます。

  2. 室舘代表、本日も足元の悪い中、マジック塾を開催してくださりありがとうございました。
    塾の中で教えていただいた内容は、本当にスキルと比較にならない、大切なエッセンスだったと感じております。

    世界中にマジックは存在しますが、相手のために心を尽くすことこそが、尊いものであり、また喜びと驚きを二倍にも三倍にもするものなのだと改めて思いました。マジックをしてても、何をしてても公の上に己があるという本質は変わらないです。自分の今の立場に関わらず、代表なんだという意識と行動をしていきたいと思います。

    また、マジックは女性の背中を後押ししてくれる存在でもあるのだと知り、凄く勇気にもなりました。
    『実はマジック覚えたんですけど〜』から切り出していきたいと思います!

    また、素敵なプレゼントをいただきありがとうございました。早速貼らせていただきました。まずは次の塾までに、披露するチャンスを設定してみました。どうしたら相手に喜んでもらえるか、考えながら練習・準備します!
    本日もありがとうございました。

  3. マジック塾に参加させていただきありがとうございました。
    マジックだけでなく、今後の人生においてとても重要な事を教えていただきました。特に公精神というのは代表者意識なんだと自分の中で府に落ちた事がとても印象に残りました。また師匠の教え伝えるために自分の立場からどう発信していくのか、振る舞うのかという観点がとても重要で今後にいかしていきます。またNEMAWASHIも実践していきます。教えていただき、ありがとうございました。

  4. 今回も貴重な機会を、またお時間を頂き有難うございました。
    私が一番印象に残ったのは、スリランカの物売りとのエピソードです。
    まさか、生きる為のお金を稼ごうとしている物売りから、あんな報酬を得るなんて、マジックよりもビックリするようなストーリーでした。
    参加する度、ワクワクする感動を頂いています。
    少しでも多く、コミュニケーションマジックに潜む社長の人間力を盗んで、周りに還元します。
    誠に有難うございました。

  5. Mr.ムロ

    今回も塾の開催、ありがとうございました。まさに、Mr.ムロのマジックへの哲学がギュッと詰まった二時間でして、大変勉強になりました。
    マジック歴10年の重みと経験値、そしてMr.ムロがなさって来た努力によってなされた数々の実績を拝見して、マジックの底知れない可能性を感じました。

    たかがマジックと思っている方もいらっしゃるようですが、そうではなくマジックを生かすかどうかですね。私も使い方、タイミングをしっかりと見計らい、感動させるマジック、仲良くなれるマジックを追求していきます。

    海外、女性、著名人にスポットをあてて面白い記事を書くという視点には、大変驚きました。狙って面白い記事が書けるように、日々ネタ作りに励みます。

    最後に、一つもう少し深く聞きたいと思った話は、ティンレイ首相よりも、奥様とお子様に大人気になった事が大切だという話です。言われると何となくわかったような気にはなったのですが、もしよろしければ今度詳しくお聞かせください。

  6. Mr.ムロ

    雪の中、貴重は場を与えてくださり、本当に有難うございました。

    今回の講座では、Mr.ムロの「公精神」を肌で感じました。

    やはり、真のリーダーは常自分が所属する組織を分母に物事を判断できるのだと改めて感じました。

    少しずつでも分母を組織にして行動していきます。

    本日は貴重なお時間、本当に有難うございました。

  7. 室舘代表
    雪が降る中、ノーマルタイヤにて会場に足を運び、貴重な講座を開催してくださり、誠に有難うございました。
    第4回は、マジック塾にも関わらず、マジック0と驚きましたが、マジックで得る驚き以上の学びを得ることができました。
    やはり、ただのマジックではなく、コミュニケーションマジックの真髄を学ぶことが出来ました。
    具体的に、
    学ぶときは、やる側の目線で観察し学ぶこと
    即興であっても、場の空気を感じ、変えるために行動すること。
    簡単なものでも、失敗を恐れず、相手の為を考えて行動に移すこと。
    演出を感動にするために、NEMAWASHI”が大切、だと言うこと。
    コミュニケーションマジックが本当にたくさんのことに繋がったいることがわかりました。
    全1/3が終わりましたが、残りの回では、リーダーシップなども意識した学びを心がけていきます。
    有難うございました。
    玉木

  8. Mr.ムロ
    悪天候の中、マジック塾を開催して下さりありがとうございました。
    女性のマジックでの活躍について触れられていましたが、私自身が大勢の前でマジックをやることに抵抗を感じていたなぁと改めて思いました。まだまだ下手だから、という理由ではなく、なんとなく「大勢の前での盛り上げ役は男性で、女性はそれに乗って周りから盛り上げるのが役目」という思い込みが強かったからです。
    でも目の前の人を喜ばせたり楽しませたりするのに、性別も国籍も関係ないな、とも改めて思いました。
    今回はマジックをあえてやらずにゆっくり考えることか出来たからこそ、気付けたのだと思います。ありがとうございました。そして次回もまたよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。