第57回 しがくセミナー

10月4日
講師 櫻井よしこ 先生

プロフィール

ベトナム生まれ 新潟県立長岡高等学校卒業
ハワイ大学歴史学部卒業
―職歴―
1971~74 クリスチャンサイエンスモニター紙 東京支局勤務
1975~77 アジア新聞財団 DEPTH NEWS 記者
1978~82 アジア新聞財団 DEPTH NEWS 東京支局長
1980~96 NTVニュースキャスター
1980~現在 ジャーナリスト
―受賞―
1994年度 SJ賞(女性放送者懇談会賞)
1995年度 第26回大宅壮一ノンフィクション賞
1998年度  第46回菊池寛賞


室舘勲のブログ

しがくセミナーならではのお話から始まった。
祖父は2回、父は1回、全財産を失ったそうだ。

本当に苦労したそうです。

ハワイ大学時代、64カ国の学生と交流。
自分の国のスピーチで、ネパール、ビルマ(ミャンマー)などの学生は
立派に自国の事を話す。
自分は、歌舞伎も芸者も天皇陛下も伝統文化も何一つ話せない。

ここで考え方が変わったそうです。

室舘勲のブログ

・外交とは各国々が自国の国益を確保する事。
1853年 ペリー来航 ペリーは間違った報告をする。
『日本民族は劣等国である。嘘をつくし、執念深く、約束を破る。
先進国と違った外交をする。戦争でつぶすしかない』 

しかし、実際に日本人と接してみると、

ハリス(初代米領事館)は
『この国の民は変化しようとしている。けして幸福になるとは限らない。我々が運ぶ
悪徳によって変わる』
と言った。

ヒュースケンも同じ事を言っている。
『神よ、我らを許し給え』
江戸時代の日本は、どのジャンルにおいても世界トップクラスであった事は
すでに有名な話です。

全ては自国の国益の為に。
海外の要人も外交の何たるかが、わかっていたのですね。
会場の500人は、日本国に関心が沸き、さらに学ぶ意欲を高めました。

室舘勲のブログ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。