麗澤大学の学園祭としがくセミナー

11月3日 

本日は柏にある麗澤大学 の学園祭に行ってきました。

実は、大学の学園祭というのは初めての経験です。

修好20周年パーティーで知り合った留学生のチェンダ・ワンチェンくんに案内してもらいました。

ドイツ語学科が出店している「ドイツ喫茶」でドイツビールで乾杯。
さらにマジックをやって大盛り上がり。次々とチェンダくんのお友達を紹介してもらい、マジック三昧でした。

チェンダくんは11月19日の第12回ちょこっとワールド~ブータン王国~の講師を快く引き受けていただきました。

当日をお楽しみに。

チェンダくん

マジックを教わるチェンダくん(左)と

チベット仏教のお坊さんのパサンくん(右)

さてドイツ喫茶では、ドイツ人がドイツ語学科の女性をくどいていましたが、
1時間後、店を出るときは、女性の反応が悪そうだったので、失敗したと思われます。

それから板橋グリーンホールに駆けつけ「第22回しがくセミナー 」に参加しました。

今回の講師は致知出版社 の藤尾社長。

開場前からこの行列

藤尾社長と出会い数ヶ月。初めて『致知』を購読したのは今年の2月。まさかこんなにも早くこの講演が実現するとは夢にも思っていませんでした。

藤尾社長は前日も、福岡で講演をされており、忙しいスケジュールの中、快く引き受けて頂き、大変感謝しております。

致知出版社としても200名を越える平均22、23歳の若者に話すのはめずらしいとのこと。私達も失礼のないよう、いつも以上に気合いれ準備、対応いたしました。

藤尾社長の講演は、沖縄で聞いた話とほぼ同じ内容で大変嬉しかったです。
中には講演のレベルをあからさまに落とす人もいますが、私も一講演者として相手が誰でも内容を変えないタイプなので、勇気づけられ、感銘を受けました。

藤尾社長講演姿

講演後は汗びっしょりの姿で、さらに予定以上のサインまでして頂きました。
本当にありがとうございました。

しがくセミナー集合


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。