永田町社稷会 原口一博衆議院議員

3月15日

皆さんおはようございます、室舘でございます。

本日は毎月恒例、永田町社稷会に参加。

講師は、バラエティー番組のTVタックルや太田総理大臣でおなじみの

原口先生1

原口一博衆議院議員。

経歴

1959年 佐賀県佐賀市に生まれる。

1983年 東京大学文学部心理学科卒業

      (財)松下政経塾に、第4期生として入塾。

1987年 松下政経塾在学中、佐賀市より佐賀県議会議員に無所属で立候補、27歳で初当選(最年少)。

1991年 2期目当選。総務副委員長、文教厚生副委員長、吉野ヶ里遺跡等文化財保存対策特別副委員長、自民党青年局長を歴任。

1996年 佐賀県第1区より新進党公認で出馬、62,515票で初当選。

2005年 佐賀県1区より民主党公認で出馬、75,449票で惜敗(次点)。惜敗率で民主党九州ブロック第1位にて4期目の当選。

(原口先生のウェブサイトより)

話の内容はあまり書けませんが、
国際競争に関して、日本はことごとく負けてきました。

ルールにおける競争では、BIS規制など、

日本が有利に展開していると必ずチャチャが入る。


そういえば、スポーツでも、鈴木大地選手が水泳で金メダルを獲れば、
バサロ泳法に難癖を付けられました。
バレーボールに関しても、日本は本当に強かったのに、
ルールを変えられました。(ワンタッチだったかな?スミマセン)
スキーのジャンプでも・・・。

貿易のルールや外交問題も含め、

今後どのように国家として守っていくか、変えていくか


が課題でしょう。

心に残った言葉

この国は「リスクをとってがんばろう!」という人に応援しようという体制が無い!


これは、良かった。確かにそう思いましたね。

派遣労働に関してもなかなか興味深いコメントがありました。
先進国は労働教育に力を入れている。
労働教育に力を入れてないと、国の根本から崩れていくんです!

なるほど。まだまだ、書きたいがこの辺で。

最後に、丹野先生が原口先生に対し、

『女性の為の外交政治塾の話や、若手経営者の為の外交政治塾などの話』
をすると、『そういうお話であれば』と快く検討していただく事になりました。

原口先生2

ありがとうございました。


永田町社稷会 原口一博衆議院議員」への1件のフィードバック

  1. 女性のための外交政治塾「一水会」に来て下さることを楽しみにしております。私は男性なので参加は出来ませんが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。