第二回 一水会(女性の為の外交政治塾)

皆さんおはようございます。
室舘でございます。

本日は第二回一水会(女性の為の外交政治塾)

講師は

衆議院議員の末松義規先生

第2回一水会5

プロフィール(ウェブサイトより)

1956年
福岡県生まれ(東筑高校卒業)
1980年
一橋大学卒業、外務省入省(通産省入省)
1986年
米国プリンストン大学大学院修士号取得
1996年
衆議院議員選挙初当選後、
自ら中心となって作成した議員立法5本を含め、議員立法計10本を策定

受付開始から申し込みが殺到。50人枠がすぐに予約終了になりました。
出られなかった方すみません。

第2回一水会3

印象深かったお話は
外務省を受けた学生が1600人 (東大生600人、東大大学院生400人) 

合格29人 スゴスギマス!

外務省に入ったとき『君はアラビア語やってくれ!』と言われた。
全くわからない言葉でも、聞き続けていれば、知っている単語が出てきたり、恥をたくさん
かいたりして何とか覚えていたそうです。

外国語上達の秘訣は恥をかいた回数だそうです。
今では、通訳をやるにまでなってますので凄いなぁと思いました。

第2回一水会2

言霊の話も印象的でした。
乳がんになった人のデータを調べたところ、

『女性として生まれた事を否定している人がなりやすい!』

と、衝撃発言も出ました。波動やDNAレベルでも関係あるらしいです。

第2回一水会1

環境問題のお話がメインだったわけですが、グリーンランドの面積はここ最近60%まで縮小しているそうです。
温暖化問題、オゾン層の問題が大きいのでしょう。

このとき使っていた資料がしがくセミナー 講師の志葉玲さんの記事でした。
世間は狭いです。

鳥インフルエンザH5N1型が流行すれば780万人が全世界で死ぬそうです。
日本は210万人です。

アメリカは190万人です。なぜアメリカが日本より少ないのか?

2年連続8000億円の予算を組んで対策しているからだそうです。
日本はこの辺の危機管理能力が弱いのだそうです。何とかしたいものです。

ちなみに、1918年のスペイン風邪では5000万人~1億人死亡しました。
?大正末期45万人死んだそうです。

まだまだ面白い話ありましたが今日はこのへんで。
ありがとうございました。

第2回一水会4


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。