中国政府の船が領海侵犯

中国政府管轄の船が領海侵犯を繰り返している。

石垣島を拠点とする八重山日報では、一面トップで報じられていた。
脅威が間近に来ていることの表れだと思う。

漁船ではなく、中国政府の船だ。

国を脅かす存在がすぐそこに来ているのにも関わらず、
ニュースとして取り上げられる割合が少ないように感じる。


中国船2隻が領海侵犯
~直後に台風接近で避難~

 第11管区海上保安本部によると、中国海警局の船「海警2350」「海警2506」が19日午前7時過ぎ、尖閣諸島(石垣市登野城)久場島の領海を相次いで侵犯した。
 中国公船の領海侵犯は昨年の尖閣国有化後、計65日。
 2隻は午前10時過ぎ、久場島の領海外側にある接続水域を相次いで出た。台風19号が八重山に接近しているため、避難したと見られる

八重山日報9月20日版より抜粋


中国政府の船が領海侵犯” への1件のコメント

  1. 恥ずかしながら、ニュースを見逃しておりました…。
    昨日は「中国が40時間も飛んでいられる無人偵察機を公開」と観ました。合わせてとても危機感を感じます。
    国防について、早急に対策を打っていかないとマズイと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。