カレントにて対談記事を掲載

毎月コラムを執筆しているカレントの12月号で、矢野弾先生との10ページに渡る対談記事を掲載していただきました。

タイトルは「伝統文化教育から日本を良くする」です。

弊社の日本製ノベルティの「これいい和」といった事業内容や、「若者に伝統文化を伝える会」の会長として開催している「万祭」、私自身の着物や茶道の経験など、伝統文化に触れる中で感じたことを掲載していただいております。

ぜひ、読んでみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。