日本のタクシー

4月8日

しがくセミナー懇親会で盛りあがっているとき、
居酒屋さんに、タクシーの運転手さんから電話が入った。
『財布忘れてませんか?』

Nさんが、『私かも!』

Nさんのものだったのだ。

河添先生が『さすが日本のタクシー!!』

海外ではあり得ませんよ!

その場でも大変盛りあがりました。

そのタクシー会社とは

『日の丸タクシー』 素晴らしいです!!

皆さん日の丸タクシーをよろしくお願い致します。
(私が以前お世話になった、コンドルタクシーもよろしくお願いします。)


日本のタクシー」への2件のフィードバック

  1. メンバーの石関祐輔です。
    先月、職場の接待でタクシーを利用した時に同僚が荷物を車内に忘れていました。
    運転手さんは途中で気がついたらしく、わざわざ届けに来てくれ荷物は無事に同僚の元に戻りました(もっとも、その同僚は忘れたことに気がついていませんでしたが…笑)。
    さすが日本のタクシーですね!
    (ちなみに「山手観光」という職場の近くのタクシー会社で、いつもお世話になっています)。

  2. 室舘代表
    お疲れ様です、柳下です。
    さすが、日本のタクシーですね!
    私もお恥ずかしい話ですが、西武線の社内で、携帯を二度亡くしたことがあります。
    ですが、二度とも返って来ました。
    駅員の方や、届け出てくれた方に感謝です。
    話は変わりますが、
    致知3月号に、長野市内で断トツの業績を誇るという中央タクシー会長、宇都宮恒久氏のインタビューが掲載されています。
    もしでしたら、ぜひご一読を。
    すでに読まれていましたら、申し訳ございません。
    規制緩和で過当競争に追いやられているタクシー業界も何とかしなければなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。