第61回 凜華塾 小清水佑季先生

10月9日

九段下 割烹料亭 寿白』の若女将が初の講演。

何とか説得してご登場いただきました。

料亭の現場の厳しさや、
訓練のお話など初めて耳にする話が多かったです。
凜華塾

・『気働き』という言葉。頭の中はフル回転で気を回している。

・相手を助けたら、助けられる。

・一流企業の重役は『人材の悩み』を語っていることが多い。どの企業でも皆さん悩みは似ている。

・白血病の話。私一人の体ではない。ドナーさんにもらった体。

・日本のおもてなしとは『さりげないもの』です。

・お荷物と言わない。おカバンと言いなさい。と、最近のお客様の反応から、お店で共有。

・下座の方の満足度を見よ。

などなど、
質問コーナーも30分もいただき、
皆さん大変満足そうでした。

小清水先生、ありがとうございました。
凜華塾


第61回 凜華塾 小清水佑季先生」への1件のフィードバック

  1. 聞けるものなら女装してでも参加したかったです(笑)。
    ブログの内容を見させていただいただけでも勉強になりました。
    ですが…あつかましいのを承知でお願いいたしますが、ぜひしがくセミナーの講師によろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。