マインドコントロール

12月20日

マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実/池田整治

¥1,680 Amazon.co.jp

著   陸上自衛隊1佐 
    小平学校人事教育部長
    池田 整治 氏
池田先生とは、以前から親しくさせていただいており、
我らの靖国参拝写真もコラムで取り上げて頂きました。
今回、かなり思い切ったタイトルと内容に深く感銘しました。
皆さん、かなりおすすめの著です!!


第8回  室舘塾

12月27日
1、ロープレ
2、パラオ共和国について
の2点を行う。
ロープレは、自己PRのポイントを伝授
相手の立場に立つ事を強調
自分がしたい話ではなく、相手が求めている話をきちんとするよう修正

室舘勲のブログ
『水を売るロープレ』 では、皆さん目から鱗が落ちたようでした。
皆さん大変上手にマスターしていました。

室舘勲のブログ

パラオ共和国のお話は、感動的な題材がありましたので、
それを皆で素読し、意見感想交換会を行いました。

室舘勲のブログ
感動の話はこちら↓
以下のサイトから「世界でもっとも短い慟哭の詩(うた)」をご覧下さい。
http://www.emaga.com/bn/bn.cgi?heart21
今年最後の室舘塾は皆の気迫もすばらしく、大変充実しました。
皆さん、有難うございます!!


金 美齢 先生

12月19日
本日は、金美齢先生宅にて、忘年会が行われました。
30人程集まり、様々な方と交流しました。
こちらの交流会では、普段なかなか会えない大物と出会えます。
毎回、一流料理もさることながら、一流の方と出会えるのが
本当に楽しみです。
金先生が『我が家自慢の夕焼けですよ~!』
皆、いっせいに窓へ。
室舘勲のブログ
本当に綺麗な夕焼けに、飲んで盛り上がっていた皆が、数秒間静まりかえりました。
金先生、本郷さん(ウィルアライアンス)には本当にいつも感謝です。


関東学生マジック選手権

12月9日
先日、関東学生マジック選手権を見学しました。
7分間音楽に合わせて無言で演じます。
本当にすばらしい技の数々で感動しました。
室舘勲のブログ
室舘勲のブログ

彼らと全く違う観点でマジックを行うのが、我らがコミュニケーションマジックです。
別物と言っても過言でありません。
マジックを通していかにコミュニケーションをとれるか、
相手と楽しめるかです。


ハンユウ株式会社 『ジャガーを日本一売る男』

12月15日
早朝会議(毎週火曜日7:30~)は早、123回目を数える。
マネージャーアップが集まり、業務打ち合わせの他、勉強会を行う。
今回は、4年連続目標達成率日本一の『ハンユウ』鷲尾社長を題材に
勉強した。
中々、骨のある経営者でマネージャーの意見も活発であった。
物が中々売れないと嘆かれ、営業力が注目される中、
かなり参考になるだろう。


TKC 秋田会計事務所 講演会

12月10日
講師 矢部廣重 先生
株式会社クオリティマネジメント 代表取締役
大変勉強になった会でした。
詳しくは、矢部先生はたくさんの著書がありますので、
購入してみて下さい。
また、雑誌 『致知』にも『喜びの帝王学』のコーナーで
様々な角度から勉強させて頂いております。
大和ハウス工業のビルが会場でした。
1階に創業者の石橋信夫氏(元社長・会長)の銅像があり、
思わず、シャッターを押してしまいました。
石橋氏の創業当時の話は本当におもしろく、
週刊文春に連載されている。
室舘勲のブログ


沼舘君のプロ合格祝い

12月8日
沼舘 沙輝哉(ぬまだて さきや)君 
入段祝賀会
室舘勲のブログ

室舘勲のブログ

テイケイ株式会社の髙花会長主催で、沼舘君のプロ合格祝い
が開かれた。
囲碁のプロについては無知だったので、先輩棋士に聞いてみた。
・1年でプロになれるのは、2人程度。
・プロ棋士は450人程。
・年間獲得賞金王は約1億円。だが2位以下は6000万円以下だとか。
・もちろん数々のスポンサーにより、成り立っている。
などなど。
仲間の祝福に、本人も照れながらご満悦のようでした。
両親の話
『本人は小学校低学年まで、カードゲームなどやる普通の子だった。
ただ、囲碁をお父さんとはじめ、ものすごくはまって、朝から晩までやっていたらし
い』
勉強は中学校まで。
本人も決意して、プロの世界へ。
本人もすごいが、親の決意もすごいものがあると感じた。
沼舘君には是非がんばっていただき、最近力をつけてきた
中国人、韓国人に勝ってほしいものです。
室舘勲のブログ


照蓮太志塾 忘年会

12月6日

室舘勲のブログ
ペマ・ギャルポ先生 の塾の忘年会を、

泉岳寺のネパール・チベット料理屋さん「レッサム・フィリリ」で開催した。

室舘勲のブログ

ペマ先生は本当にお忙しい中、若者の為に外交や政治、リーダーの

お話をして下さいます。

実際の、生チャイナ情報やウイグルやチベットにおける虐殺のお話など、

マスメディアでは、報道しにくいお話を毎回聞かせていただける。

チャイナが好きでも嫌いでも、現実から、目を背けてはならない。

室舘勲のブログ

一年間本当に有難うございます。

ネパール&チベット料理

レッサム・フィリリ


民主党 小沢幹事長発言問題

$室舘勲のブログ
本日の天皇陛下と習近平副主席との特別会見について。
小沢氏は、30日ルール(天皇陛下のご体調に配慮したもの)を、
軽視した。
小沢発言
「天皇陛下の体調がすぐれないなら、優先順位の低い行事を
お休みになればいい」
空いた口がふさがらない。とんでもない思い上がりであり、
暴言だと思う。
天皇陛下と習副主席の特例会見問題をめぐる小沢氏会見の要旨(産経ニュース)
小沢幹事長の記者会見発言…天皇会見問題(YOMIURI ONLINE)

勤労奉仕団を経験している私にとっては全く信じられない。
今回新聞やニュースなどを見て皆さんはどう感じただろう?
私は、小沢氏は、日本を愛していない感じがしました。
国会議員が、このような発言、態度であることは、
本当に怖いと思いました。
中国から、何かいっぱいもらっているのかなぁ。


陸上自衛隊 ヘリ体験搭乗

12月5日
吉澤さんの紹介で、渡辺課長と参加
感動です!
事業仕分けで、一躍有名になった朝霞の『りっくんランド』
自衛官に話を聞いて見ると、ここ最近お客さんが急激に増えて
大変喜ばしい。TV取材も連日である
とのこと。
そこを見学し 
室舘勲のブログ

室舘勲のブログ
室舘勲のブログ
室舘勲のブログ
室舘勲のブログ
いよいよヘリコプターへ。
ヘリは、
CH-47J (愛称 チヌーク)
室舘勲のブログ

室舘勲のブログ

本物の軍用機は、民間で3度ほど体験したヘリとは、全く違った。
大迫力であった。

室舘勲のブログ

室舘勲のブログ

室舘勲のブログ
室舘勲のブログ
その後、大変すばらしい自衛官を紹介され、その方の官舎に招かれ、
8人でカレーライスをごちそうになり、懇談に盛り上がった。
一人インド人が参加
『今回は驚いた。なんとオープンなのか!インドでも他国でもあり得ないよ!』
と、自衛隊のオープン過ぎるところに疑問だったようだ。
日本には、他国にない事情から自衛隊も情報開示や国民に理解をもらう事に
必死である。
そろそろ、日本人もしっかりし、軍事知識を最低でも他国レベルにしたいものだと
強く感じる。


櫻井よしこ先生 

12月3日
九段会館にて、
国家基本問題研究所主催
『櫻井よしこが若者に日本の将来を語る』
に協賛しました。

室舘勲のブログ

会場は、満席!!
キャリアコンサルティング関連は110名で参加しました。
関係者席に座っていたら、偶然アサヒビール名誉顧問の中條会長が隣に座り、
『丁度、君の話をしていたんだよ!』
と、日米安保のスペシャリストの田久保忠衛先生をご紹介下さいました。
櫻井よしこ先生の話は、安全保障中心の話で、大変わかりやすく、
若者が燃えるような内容でした。
懇親会では、乾杯前の挨拶に指名され、5分ほどスピーチをさせていただきました。
櫻井よしこ先生からも、2,3度お礼をされ、こちらの方が恐縮しておりました。

室舘勲のブログ
国基研の方は、児玉さんを筆頭に竹田さんや事務局の皆さん、本当に
明るい方が多い会です。
是非、HPのぞいてみて下さい。
http://jinf.jp/


六本木ジャズライブ

12月2日
ラジコン世界チャンピオンの広坂さんのお誘いで、
ジャズライブ。
知り合いが出るとのこと。
その知り合いが、有名なピアニストで、トニーさんというプレーヤーだった。
日本では、なかなか聞けないレベルだと思った。
ジャズは昔から結構好きで、本当に至福の時間となりました。
ボーカルのTOKUさんは、ムードあり、実力あり、すばらしかったです。
サックスは北海道の天才高校生の少女が熱演しており、
会場を盛り上げました。
広坂さんには、いつも感謝です!


忘年会&インフルエンザ珍情報

12月2日
いよいよ忘年会シーズンが始まりました。
青山のライオンにて『カレント』の忘年会。
さまざまな方と健康に関して盛り上がりました。
中でも、新型インフルエンザ談議は白熱しました。
・予防接種しても、5ヶ月しか持たない。ずっと打ち続けるのか?
・弱い菌である。必要以上に恐れなくても良い。
・免疫力をつける事に集中すればいい。
などなど、
中でもおもしろかったのは、アメリカでの実例。
『金曜日の夜に新型インフルエンザにかかりたい人が集まり、
菌の部屋で、思いっきり感染する。そして、月曜日の朝までに治してしまう。
そうすれば、仕事に支障を来さない』
何とも、合理主義のアメリカらしい話だと、
一同、感心と大笑いで終わりました。